サラリーマンは2018年も株より仮想通貨だよねという話

いま使っている国内取引所に😓不安な方

いま当サイトから申し込みNo1👑国内取引所Bitpoint✨BTCもXRPも板取引📈

BULLヒロ

🍀🐮🍀(@BULLヒロ)です。 渋谷の銀だこでよくビール🍺飲んでます。


昼間はわりと忙しい?サラリーマン(僕のこと)、5年以上株式投資を現物・レバレッジでやって
2017年10月「もうだめだ完全出遅れた」そんな感じで始めた仮想通貨です。

現在:2018年1月ビットコイン大暴落中(笑)
でも、サラリーマンが投資するなら、「ファンドより株より仮想通貨(ビットコイン・アルトコイン)」だよね。という結論に至ってます

では、なぜそう思うのか? について書きたいと思います。

原資が少なくていい しかも驚くほど..


薄給のサラリーマンが最初の元手を作るのは本当に大変です。
頑張って月3万円を貯金したとして、30万円作るのに10ヶ月。。

株の場合 30万円→良くて90万円 1年
そこまでして貯めた30万円、株では年利20%を出せると良い成績と言われます。
私も5年ほどやっていましたが、とても良い年で最高300%程度でした。
つまり30万円が原資の場合、90万円ですね。。 何も生活変わりません。

仮想通貨の場合 30万円→360万円(笑)ホント しかも1週間
仮想通貨の場合年利300%など、ざらにいると思います。
場合によっては1,000%(10倍オーバー) 〜 100倍も、そこまで難易度低く目指せます。
実際私も冬休み1週間で、短期トレード用資金30万円が12倍の360万円(含み益)になりました。

さらには10万円で12月に購入したXSHというアルトコインも、一時200万円(現在調整下落中)
こんな事がざらにあるのが仮想通貨です。

BULLヒロ

ちなみに10万円で買ったXSHは本気で1,000万円になると思ってるよ。(笑)マジ

 

そこまで時間がかからない


これも、株などと比較しても極端に時間がかからないと言い切れます。

株の場合 上がる銘柄を見つめるための調査時間が長く、スイングトレードが必要
株の場合は会社の業績・決算資料・新製品情報・チャートなど、
かなりの情報に目を通したうえで、長く上がる銘柄を見つけるのは難しく、乗り換えメインのスイングトレードが必須という感じでした。
これは、株式相場が成熟期であり、資金が同じ市場内で回転しているだけだからだと思います。

仮想通貨の場合 調査は同じく時間がかかりますが スイングトレードはほぼ不要
仮想通貨の場合は、通貨の目指しているロードマップ・技術情報・チャートなどを見ます。
これにはそれなりの時間をかける必要がありますが、1つの銘柄が3倍〜1,000倍になる期待ができるので
こまめに乗り換えるスイングトレードが、ほとんど必要ありません
これは、仮想通貨がまだ成長期であり、現在より未来の方が資金量が増え、全体的に上がりやすい事が理由です。

外出先からすべての操作ができる


仮想通貨の国内取引所のほとんどはスマホアプリに対応しており、スマホで入金から取引まで一通りできます。
時間の無いサラリーマンには、ここは欠かせないポイントかと思います。

まだ市場が伸びる見込みが大きい


現在の仮想通貨市場は開設されている口座の数などから推計し、まだ上記の図のアーリーアダプター程度の参加人数だと言われています。
有名な話ですが現在の仮想通貨に投資されいる全銘柄の時価総額すべてを合計しても、株のアップル1社の時価総額以下でしかない状況です。
なので、私も調べる前は「遅かった」と思っていましたが、調べるほどまだ攻めてもいい状況であると判断できました。

リスクもそれなりにあるけど、それって本当にリスク?

これまで比較的、耳障りの良いことを書いているかと思いますが、リスクはもちろん大きくあります。
例えばこの記事を書いてある今の時点で、冬休みに資金を12倍にしたかと思えば、この1週間で40%下落しています。
この下落からいろんなことを学んだので、僕の投資成績はこの後さらに上がっていくと思います。
暴落時の対処法はこちらの記事 に書きました😃

ですが、原資30万円が0になるリスクと、30万円が1,000万円になる可能性を天秤にかけて
さらに、ここまでの上昇が期待できるけど、借金リスクが0という事を考えた方がいいです。

同じように30万円が35倍の1,000万円に!を期待できるFXは、マイナス分は借金として返済する大きなリスクがあります。

サラリーマンが仮想通貨をやるべき理由まとめ

(1)10万円でもOK!原資が少なくて良い

(2)一回買ったらトレードほぼ不要で、時間がかからない

(3)スマホで外出先から確認や手続きができる

(4)まだ仮想通貨の時価総額はアップル1社より小さく、伸びしろが大きい

(5)借金リスクが0(これ大事)

知識がなくてもここまで上がる

先ほどの私の例とこんがりチキンさんの例はトレード、つまり値上がりと値下がりを予測して乗り換えるスタイルなので、中級〜上級者の腕前が必要になります。

そこで、アルトコイン買った後何もしないで半年〜1年放っておく気絶投資法をオススメします。

2017年の一例を元にご説明します。
例えばモナコインを2017年6月に買って、12月のピークに売ったとします。
2017年6月のモナコインの価格は0.27円、12月ピークの価格は2,042円です。

なんと..半年で7,562倍になっているのです。

もし5万円買っていたら、3億7千万円になるわけです。
信じられない額ですが、これが2017年におきた現実です。

 

少額気絶投資で億り人?

モナコインの例で言うと、13,224円を投資していれば1億円になっています。
博打になってしまうので可能性は低いですが、少額でたくさんの銘柄を買う、少額気絶投資法(購入したことを忘れて持ち続ける)でも、億り人(資産1億円以上)が目指せる。

アルトコイン投資にはそのような夢を見れるということは間違いありません。

アルトコインを買う場合は、こちらの3つの取引所がオススメです。
いつ上昇するか分からないアルトコインですから、ひとまず口座開設していつでも投資できる状況にする事をオススメします。

アルトコイン購入にオススメの取引所[国内の取引所]Zaif..剛力彩芽のCMでおなじみ、アルトコインを国内で1番安く取引できます。

[海外の取引所]バイナンス..日本人にも人気で、取り扱いコインが100以上 手数料が安いです。

[資金がない場合のFX]DMM Bitcoin…証拠金の5倍のアルトコインが購入できるFXが好評です。

少額でも利益が出せるビットコインFX投資

最後に、少ない額で利益を出すには、証拠金の何倍も取引ができるビットコインFXも大きな選択肢だと思います。
ビットコインFXはトレードに関する知識が必要ですが、いま国内で最高峰のトレーダーである
KAZMAXさんのインタビュー記事がありますので、参考にご確認ください。
BULLヒロ🐮3分で分かる仮想通貨
ビットコインFX初心者のための

 

KAZMAXさんが実際に利用している取引所と、オススメの取引所をご紹介します。

 KAZMAXさんが実際に使っている取引所

bitFlyerの特徴

・出来高が多く注文が通りやすい
レバレッジ15倍
・日本円でトレードできる
・セキュリティ評価が世界No1で安心

[bitFlyer口座開設サポートページ]
bitFlyerサイトはこちら


 ビットコインFX中級者以上にオススメの高機能取引所

BitMEX特徴

・海外取引所ですが日本語に対応
アルトコインFXもできる
・トレード画面の動作が軽く注文が入りやすい
レバレッジ100倍
・ロスカットのみで、追証がない
・口座開設がメアドとパス登録などで3分で即日スタートできる

bitMEXサイトはこちら
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。

 

FXは難易度が高いので、初心者の方は少ない額で、レバレッジも低めで始めてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓