ビットコインと仮想通貨の用語辞典2018

いま使っている国内取引所に😓不安な方

いま当サイトから申し込みNo1👑国内取引所Bitpoint✨BTCもXRPも板取引📈

固定ページで作成しましたが、ページ内タグリンクが上手くいかないため、投稿ページで作成します。
本用語集は文献や書籍などからの引用の他に、管理人が独自に記載したものも含まれます。
もし誤りがあれば訂正しますので、お知らせください。

もくじでカンタンに確認

仮想通貨 暗号通貨用語_あ行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

アルトコイン(オルトコイン)

アルトコインとはビットコイン以外の、ブロックチェーン技術を活用した電子通貨の全般の事を指します。
直訳では代替コインといい、ビットコインの代わりとなりえるという期待からついた名前です。

 

握力

仮想通貨で言うところの握力とは、持ってる銘柄を信じ手放さずに持ち続ける胆力のことを指します。

 

ICO

ICO とは未上場の仮想通貨(トークン)を販売して、プロジェクトの資金を調達する手段を指します。
IPO(新規株式公開)に近い資金調達方法ですが、株式と違い株式市場を介さず、発行主と投資家が直接取引する事も特徴です。

 

IOU

IOU(アイオーユー)とは、I Owe Youの略で日本語では「借用証書」として訳されます。
ブロックチェーン上のトークンや通貨と、等価で交換できる借用証がIOUです。
例えばBTCと交換できる、AAAというトークンを発行して、1BTC=1AAAが交換できるとした時に、AAAがIOUにあたります。

 

アビトラージ

アビトラージとは、取引所ごとの価格差を利用し、安い取引所で仮想通貨を買い高い取引所で売ることで、差額の利益をうむための取引のことを指します。

 

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(Ethereum)とは、アルトコインの1種であり売買量や時価総額が大きいため、メジャーアルトコインと言われているトークンです。

新たに発行されるブロックチェーンを活用したトークンは、新たに発行するごとに全てのプログラムを1からデザインする必要がありました。

イーサリアムが画期的なのは、ある程度の土台となるトークンの上に、自由に動作するプログラムエリアを残し、イーサリアムをベースにして新たなトークンを最小の手間で発行できるようにした事にあり、ブロックチェーンのプラットフォームを目指していると言えます。

 

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)がハードフォークして分裂した事で誕生したアルトコインです。

 

イナゴ

イナゴとは、値段の上がる銘柄に大量のイナゴのように群がり、特に根拠もなく購入してしまう投機家のことを指します。

 

インフルエンサー

インフルエンサーとは、主にSNSやブログ上でフォロワーが多いなど、影響力の大きい人物のことを指します。

 

売り板

売り板とは、仮想通貨取引所のにおける仮想通貨の売却注文をリアルタイムで表にまとめたものです。

 

ASIC

ASIC(エーシック)とは、Application Specific Integrated Circuit の頭文字を取った略称で、日本語で「特定(Specific)アプリケーション用(Application)集積回路(Integrated Circuit)」という意味になります。
主にビットコイン(bitcoin/BTC)のマイニングに利用されている集積回路(IC チップ等に利用される電子部品)の事です。

 

エーディーケー(ADK)

ADKとは、DAG技術を実装した、匿名性とスケーラビリティに優れたアルトコインのことでです。
技術により匿名性を担保し、他人にプライバシー情報を知られることなく安全に資産を保管し、必要なときにいつでも法定通貨に換金できることを目指してオフショアバンキングを買収。
独自のデビットカードでいつでも決済できる状況を目指したプロジェクトです。

 

エアドロップ(AirDrop)

エアドロップ(AirDrop)とは、指定の条件を満たした対象者に無料で仮想通貨を配布する行為のことを指します。
なぜ無料なのか疑問になるところですが、仮想通貨は誕生した瞬間には保有者も利用できる店舗も無いため、利用者を増やし経済圏を大きくする事が重要です。
エアドロップは新規ユーザーを増やすマーケティグ方法の一種として、利用されることの多い手法です。

 

エイダ(ADA)

エイダ(ADA)とは、オンラインカジノのプラットフォームの CARDANO(カルダノ)で使われる暗号通貨(仮想通貨)です。オンラインカジノで不正が行われないフェアで健全なゲームを提供するために誕生しました。

 

オーファンブロック

オーファンブロック(Orphan Block)とは、新たな取引を記録する際に、採用されなかったブロックのことを呼びます。
ビットコインでは同時刻に同じ取引記録を、複数のマイナーが処理することがあり、そのうちの1つを自動で選択する処理が行われます。
この時に採用されなかったものが、オーファンブロック(Orphan Block)です。

 

億り人

億り人とは、投資での含み益が1億円を超えた投資家のことを指します。

 

オーガー(REP)

オーガー(Augur/REP)とは、「未来の予測」を特徴とする暗号通貨(仮想通貨)です。「分散型の未来予測市場」と言われており、ギャンブルのような仕組みのプロジェクトで未来予測に賭け金を賭け、その予測が正しければ報酬が得られるという仕組みです。イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトを応用しています。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_か行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

仮想通貨・暗号通貨

仮想通貨とはブロックチェーンの技術を活用し、通貨として決済に利用できるように設計された電子データのことです。

暗号技術とP2Pの技術を活用して、価値の維持を行うプログラムが施されており、仮の物と想定すると表現するより、暗号技術により成立していると言った表現の方が実態に近いため海外では暗号通貨Crypto Currencyと言われています。

 

仮想通貨取引所

仮想通貨取引所(ビットコイン取引所)とは、仮想通貨と法定通貨の媒介を仲介している取引所のことを指します。

 

買い板

買い板とは、仮想通貨取引所における仮想通貨の買収注文をリアルタイムで表にまとめたものです。

 

仮想通貨法案

2017年4月から施行されている「銀行法等の一部を改正する法律」のことを指しています。

 

ガチホ

ガチホとは、ガチでホールドの略で、購入した銘柄を売らずに長期間持ち続けることに対しての意思表明のようなものです。

 

カンファレンス

カンファレンス(Conference)とは、仮想通貨に関する検討や議論を行う会議の事を指します。

 

逆指値

逆指値とは、ある値段以上で売却をする指値取引に対して、下がった時に指定価格以下で売却をする取引のことを指します。

 

クラウドマイニング

クラウドマイニングとは、「マイニングをおこなっているサービスに投資すること」によってマイニングに参加する方法です。
実際に自分自身が所有しているハードウエアを利用せずに行えるので、少額でリスクや稼働を少なくマイニングを同じように報酬を受け取る事ができる点が特徴です。

 

草コイン

草コインとは日本だけで呼ばれている、時価総額の低いアルトコインの総称です。
海外ではシットコインと言われており、つまりは価値のないコインです。
日本ではこの名称を草コインとしたことでイメージアップにつながり、日本人の草コイン愛好家が増えていると言われています。

 

コインチェック(CoinCheck)

コインチェックとは、日本にある仮想通貨取引所のことで、2017年に仮想通貨取り扱い高日本一になりました。
その後、2018年1月にハッキングの被害を受け、約560億円相当のNEMを流出させる過去最大のハッキング事件が発生しました。 コインチェック事件とはこのことを指します。

 

高騰

高騰とは仮想通貨の価格が、大きく上がった状態のことを指します。急騰や暴騰もほぼ同様の意味です。

 

ゴールデンクロス

仮想通貨のゴールデンクロスとは、チャート上の短期平均線が長期平均線を抜くことを指し、そのタイミングではトレンドが代わり、買いが続くことを指すサインと捉えられます。

 

ゴールドマンサックス(GS)

ゴールドマンサックスとは、アメリカの大手証券会社のことです。
売り買い資金額が非常に大きく影響力が高いため、常に同行が注目されています。

 

コールドウォレット

コールドウォレットとは、仮想通貨の秘密鍵をオフライン上え保管できるウォレットのことを指します。

 

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズム(合意方法)とは、ブロックを作成(承認)する権利を得るためのルールの事を指します。
各通貨ごとに合意方法が異なり、異なるルールによるプログラムが行われています。

 

GOX

東京にあった世界最古のビットコイン取引所マウントゴックス社の事を指します。
ハッキングによりビットコインを流出し資金難になり倒産しました。
以降、取引所のハッキング被害を「GOXする」と呼ぶようになりました。

 

51%攻撃

51%攻撃とは、悪意のあるアタッカーから、ネットワーク全体の過半数にあたる51%以上を支配し不正な取引を行うことを指します。
51%以上を支配すると、不正な取引を正当化したり、マイニングを独占することが可能になります。
ビットコインにおいては51%のネットワークを確保するためのマイニングコストとリターンのバランスにより、51%攻撃者が得をしないような設計になっており、安全性を担保しています。

 

公開鍵暗号

公開鍵暗号とは、対になる 2つの鍵を利用してデータの暗号化、複製(元のデータに戻すこと)を行う暗号方式で、第三者に公開する「公開鍵」と自分しか知らない「秘密鍵」の 2種類で成り立っています。

 

Coinbase(コインベース

Coinbase(コインベース)とは、採掘報酬とも呼ばれ、1回のマイニングでマイナーに報酬として支払われるビットコイン(bitcoin/BTC)のことです。

 

公開鍵

公開鍵(public-key)とは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)の、一般に公開される鍵です。
この公開鍵を元にしてビットコインアドレスを作成します。

 

コンフューム(Confurm)

コンフューム(Confurm)とは、承認完了状態のことを指します。
取引所の承認が完了されたときに、ステータス画面に表示されます。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_さ行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

Satoshi

Satoshi(サトシ)とは、ビットコインの最小単位であり、1BTC=100,000,000 Satoshi と表され、ビットコインの技術論文の著者である Satoshi Nakamoto(ナカモト・サトシ)の名を使用しています。

 

サトシ・ナカモト

サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)とは、2008年 11月 metzdowd.com に全 9ページに及ぶビットコインの技術コンセプト論文「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム)」を投稿した人物で、未だに実在の人物を特定されてはいない。

 

指値

指値とは、取引所でのり買時の価格を指定することです。
反対語の成り行きは価格を指定せずに、現在取引所に出ている価格の通りで売買を行うことを指します。

 

サイドチェーン

サイドチェーン(Sidechains)とは、ブロックストリームというベンチャー企業が開発しているブロックチェーン技術です。
現状のビットコインのブロックチェーンとは全く異なるブロックチェーンを、現在のブロックチェーンと繋げてもそのまま使用できるシステムのことで、スケ—ラビリティ問題を解決するのに期待されています。

 

ショート

ショートとは、仮想通貨取引所で、特定の仮想通貨を「先に売り後で買う事」です。
先に売る際には取引所に預けられている仮想通貨を一時的に借り受け売却し、改めて購入し返却することで差分の利益を得ることを目的とした取引です。

 

ジェネシスブロック(Genesis Block)

ジェネシスブロック(Genesis Block)とは、ブロックチェーン上で一番最初に作られた(創始の)ブロックの事です。

 

ジーキャッシュ(ZEC)

ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは、匿名性に非常に優れており「送金元・送金先・送金量・送金履歴」を全て匿名にする “ゼロ知識証明” という特殊な技術を採用している仮想通貨のことです。

 

自動売買

自動売買とはコンピューターにより、指定した条件を元に売買を行うシステムのことです。

 

スケーラビリティ

スケーラビリティ問題とは、「拡張性限界の問題」のことです。
ビットコインは1MB以下のデータでブロックを形成するように仕様が決まっており、このままデータが増え続けると1MBに到達するため限界があると言われてます。
現在、この問題を解決するためのテストプログラムが、様々なプロジェクトで進行しています。

 

スプレッド

スプレッドとは、仮想通貨取引所で取り扱っている仮想通貨の売りと買いの値段の差額の事です。
売りたい人と買いたい人の金額差により生じていることが前提ですが、そこに取引所の手数料を加えることで、さらにスプレッドが開く構造になっています。

 

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、契約の条件確認や履行までを自動的に実行するブロックチェーン上のプログラムです。
主にイーサリアムに搭載されている機能で、今までのWEBサービスのように中央のサーバーを立てずとも、ブロックチェーン同士で情報をやり取りし、自動的に複数のサーバーで処理します。

記録を消失・改ざんすることができず、アクセス増加などの急激なスケール拡大に対応しやすい技術です。

 

スクリプト

スクリプトつは、ハッシュ値の計算方法の事です。
仮想通貨の 1つであるライトコインは、このスクリプトという計算方法を採用しマイニングを行います。

 

スパム

スパムとは、受信者の意向を無視して、無差別かつ大量に一括して送信される、電子メールを主としたメッセージの事です。
仮想通貨関連では、大量に送信される小さなトランザクションを意味します。ビットコインのネットワークから不当な利益を得ることが出来ないかをチェックするストレステストの為に、大量の小さなトランザクションが送信される場合もあります。

 

ステラ(XML)

ステラ(Stellar/XML)は、2014年 7月にマウントゴックスの創設者であるジェド・マケーレブが中心となって、リップル(Ripple/XRP)を元に個人向けの決済・送金システムとして作られたアルトコインです。

 

セリクラ

セリクラとは、セリングクライマックスの略で価格が下がりきったところで、止めをさるような激しい暴落がおき、最後の最後まで売らずに耐えていた人たちも売りに出し、セールがクライマックス状態になることから言われている言葉です。
セリクラの後は、大きく上昇することが多く、セリクラで売却する投資家が最も大きく損をする結果に至ります。

 

セグウィット(Segwit)

セグウィット(Segwit)とは、ブロックチェーン(Blockchain)上のブロックに入れるトランザクション(取引履歴)のサイズを圧縮してデータ量を小さくし、より多くのデータをブロックに入れることを可能にする技術です。

ビットコイン(bitcoin/BTC)の取引データ内には「インプット・アウトプット・電子署名」(※) の 3つが入っており、その電子署名の部分を “ウィットネス” という別枠に入れて扱うことにより、今までより約 60% 取引データのサイズを小さくすることで 1ブロックに 1MB 分入っていたデータを 1.75MB 分、取引が入れられるようになります。

 

ゼロ承認

ゼロ承認(ゼロコンフォメーション)とは、ビットコイン取引(トランザクション)が “どのブロックにも属していない状態” を指しています。

 

ソフトフォーク(Soft Fork)

ソフトフォーク(Soft Fork)とは、互換性のある仮想通貨のアップデートになります。仮想通貨の以前の機能・仕組みを問題なく使えるように引き継いだまま、より性能の良い新しいものへとアップデートさせる事を意味します。

 

送金

ビットコイン送金とは、ウォレット A からウォレット B にビットコイン(bitcoin/BTC)やその他の仮想通貨(暗号通貨)送ることです。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_た行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

 

 

台帳

台帳とは、取引情報を記録する帳簿のことで、仮想通貨できるところのブロックチェーン上に記録された売買記録のことを指します。

 

高値掴み

高値掴みとは、価格の高いところで購入してしまい、その後価格が下がり、売却するに売却できない状況のことを指します。

 

ダッシュ(DASH)

ダッシュ(DASH)とは、仮想通貨・暗号通貨の一種で、2014年に Darkcoin(ダークコイン)として公開され、2015年に DASH と改名されました。

 

DAG

DAGとは、有向非巡回グラフ、有向非循環グラフ、有向無閉路グラフ(ゆうこうひじゅんかいグラフ、英: Directed acyclic graph, DAG)のことを指し。
一方向にチェーン上に並んで記録が続くブロックチェーンに対し、DAGは一方向ではなく複数の関係性を巡りながら、情報を記録するプログラムです。
処理速度やスケーラビリティに優れた技術と言われています。

 

DEX

DEXとは、分散型取引所のことで、この反対が中央集権型取引所です。
現在の取引所の多くは中央集権型の取引所で、1つの企業団体が胴元となり、投資家ごとの売買を取りまとめています。
売買を取りまとめるには秘密鍵を取引所に預ける必要があり、ハッキングによる仮想通貨流出の危険性が高いと言われています。
この解決策として期待されているのが、DEXで秘密鍵を自分で管理するので、個人ごとのハッキング被害は想定されますが、コインチェック事件のような大規模な流出被害を防ぐ可能性があるとされ期待されています。

 

デッドグロス

仮想通貨のデッドデンクロスとは、チャート上の短期平均線が長期平均線を下に抜くことを指し、そのタイミングではトレンドが代わり、売りが続くことを指すサインと捉えられます。

 

電子署名(デジタル署名)

電子署名は、ネット上で本人確認できる仕組みです。その中で公開鍵暗号を使ったものは、デジタル署名といいます。
ビットコインの送金処理はデジタル署名を使って行われます。
電子署名(デジタル署名)によって・ビットコインの送金が秘密鍵の持ち主本人である事・取引が偽造や改ざんされていない正当なものである事という 2つの証明が果たされる事になります。

 

電子マネー

電子マネーとは、機械のデータ上で決済を実現する技術の事です。
suica・Edy・nanako・WAON等が、主に電子マネーと呼ばれています。
事前にお金を支払ってチャージ(入金)したポイントで、機械上で効率的に精算するシステムです。
信用を保証する会社が立てた独自サーバーが管理しているサービスが電子マネーで、ブロックチェーン技術により相互チェックで信用を構築しているのが仮想通貨です。

 

電子署名

電子署名(デジタル署名)とは、電子データ上の所有者を証明するデータのことを指します。
ブロックチェーン上には、ビットコイン所有者の「署名」が記録されており、署名が一致した場合にのみ所有者が書き換えられる仕組みです。

 

天井

天井とは、仮想通貨取引における価格の最上点のことを指し、それ以上は価格が上がらないポイントであることから、売り時といわれいているタイミングになります。

 

トークン(Token)

トークン(Token)とは、証拠・記念品・代用貨幣・引換券・商品券などの意味を持つ英単語。 プログラミングではソースコードを解析する際にそれ以上細かい単位に分解できない文字列の並びの最小単位のことを指します。
ブロックチェーン技術でできた、サービスや仮想通貨の代名詞でもあります。

 

トークンエコノミー

トークンエコノミー(Token Echonomy)とは、個人がオリジナルのトークン(独自コイン)を発行して、それらの独自コインで構成される経済圏の事をいいます。トークンエコノミーの経済圏内で発行された独自コインのトークンで有料コンテンツが利用出来る など、様々なサービス・報酬を得ることが出来るようになります。

 

トランザクション

仮想通貨で言うところのトランザクションとは、所有権の変更など一連の処理のことを指します。

 

トランザクションフィー

トランザクションフィーとは、仮想通貨送受金の際に設定される手数料です。
マイニングに成功した人が、マイニング報酬として受け取ります。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_な行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

 

 

成り行き

成り行きとは、価格を指定せずに、現在取引所に出ている価格の通りで売買を行うことを指します。

 

寝ロング

寝ロングとは、長期間保有し続けることを指し、寝ているようにロング(購入し保持すること)を続けることを意味します。

 

投げ銭

投げ銭とは、SNSやイベント会場などで、応援したいアーディストなどに仮想通貨を送ることを指します。
路上ライブでアーティストに渡すおひねりと同じ考え方で、モナココインで特に行われているカルチャーと言われています。

 

ナンス

ナンス(Number used once)とは、ビットコインの取引時に毎回生み出される 32桁の数字列のこと。全てのビットコイン取引を区別するためにナンスが全取引で発行される。ナンスはその取引専用のパスワードのようなものです。

 

二重支払い

二重支払いとは、その名の通り同様の取引が重複して発生している事象を指します。
仮想通貨はデータ上の通貨なので、不正なデータ処理で二重支払いが生じないようにブロックチェーンという技術により、所有者全員で通貨を管理する事で二重支払いが発生しないようにしています。

 

二段階認証

二段階認証(2FA・Two Factor Authenticati)とは、仮想通貨取引所の口座にログインする端末を 2つ設定して、2つの端末の許可がないと口座にログイン出来なくなる設定のことです。2つの端末の許可が必要になるという事は 1つの端末を盗まれたり、落としたりしてしまっても、 もう 1つの端末がログインには必要になりますので取引所口座は安全に守られます。

 

日本ブロックチェーン協会

日本ブロックチェーン協会(Japan Blockchain Association / JBA)は、仮想通貨(暗号通貨)に用いるブロックチェーン技術が、安心・安全な技術として、これからの日本経済の発展を支える仕組みの 1つになることを目的に 2016年 4月に設立された、仮想通貨・ブロックチェーンの普及を促進する団体です。

 

ネム(XEM)

仮想通貨のネム(NEM/XEM)とは、New Economy Movement の略称で、新しい経済圏の創出を目標として 2015年に公開された仮想通貨(暗号通貨)の一種です。

マイニング(mining)と呼ばれる承認する行為やマイナー(採掘者)のことを、ネム(NEM)では「ハーベスティング(収穫)」や「ハーベスト(収穫者)」と呼ばれており「ユーザーの重要度」によって報酬が分配される「プルーフ・オブ・インポータンス(Proof of Importance/PoI)」というコンセンサスアルゴリズムを採用しているのが大きな特徴のアルトコイン(altcoin)です。

 

ネオ(NEO)

ネオ(NEO)とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクト機能を実装している暗号通貨(仮想通貨)です。この NEO のプラットフォームをベースにした多くの ICO(Initial Coin Offering)が予定されており、中国版イーサリアムとも呼ばれています。

 

ノード

ノード(Node)とは、ブロックチェーンを繋ぐネットワークの接続ポイントになるコンピュータの事です。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_は行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

 

 

ハードフォーク

ハードフォーク(HF)とは、互換性のない仮想通貨(暗号通貨)のアップデートになります。前の機能・仕組みは引き継がずに、より性能の良い新しいものへアップデートするため、分裂が起こり、それまでのものと全くの別物の仮想通貨が出来てしまいます。このハードフォークによって仮想通貨のビットコインが「ビットコイン(BTC))と「ビットコインキャッシュ(BCH, BCC)」の 2つに、イーサリアムが「イーサリアム(ETH)」と「イーサリアムクラシック(ETC)」の 2つに分かれました。

 

ハッシュ

ハッシュ関数から得られた値の事をいいます。ビットコインでは、公開鍵をハッシュ関数から得られた値がビットコインアドレスになります。

 

ハッシュレート

ハッシュレートとは、採掘速度のことで、ハッシュ関数とよばれる演算を 1秒間でいくつ処理できるかを示す値です。

 

ハードウェアウォレット

ハードウォレットとは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)の一種です。
ウォレット中にはブロックチェーンのプログラムコードを保管するのではなく、秘密鍵のデータ情報を保管し秘密鍵なしにはオンライン上で取引できないようにします。

 

発行量

仮想通貨の発行量の事です。仮想通貨には発行量が制限されているものと、無制限に発行されるものがあります。

 

半減期

半減期とは、ビットコイン(bitcoin/BTC)のマイニングの報酬額が、約4年ごとに半額になり続ける現象のことを言います。最初の 4年は約 10分に 1回に 50BTC の報酬、次の 4年は 1回で 25BTC の報酬がありました。2017年の現在は、1回のマイニングで 12.5BTC の報酬があります。ビットコインのマイニングは、2100年台まで続きますが、すでに全ビットコイン総量の 75% が流通しているのが現状です。

 

ビットコイン(BTC)

ビットコイン(bitcoin/BTC)とは、2008年11月に中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によってインターネット上に投稿された論文(ホワイトペーパー)に基づき、2009年1月3日に P2P ネットワークを利用して運用が開始された仮想通貨(暗号通貨)で、「ブロックチェーン技術」を利用して管理されています。ドルや円などの国家の信用を基に価値を担保している法定通貨を扱う銀行のような中央を経由せず、ネットワーク参加者全体で直接取引できる仕組みで、国家の枠組みを飛び越えて世界中で利用できる「地球通貨」とも言われています。ビットコインは総発行量が 2100万 BTC と決められており、発行上限に到達するのは 2140年だと言われています。このビットコインはマイニング(採掘)という “承認作業” によって新規発行され、この承認作業の報酬としてビットコインが与えられます。

 

ビットコインキャッシュ(BCH/BCC)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH/BCC)とは、2017年8月1日にビットコイン(bitcoin/BTC)が「ハードフォーク」して誕生した新しい仮想通貨(暗号通貨)のことで、ビットコインの取引量が増えてきたことによる取引スピードの低下など「スケーラビリティの問題」を解決するために一部のビットコインマイナー(採掘者)により生み出されたアルトコイン(altcoin)で、ブロックサイズを 8M まで拡大したことが最大の特徴です。ビットコインキャッシュの通貨単位は BCC または BCH と表記され、仮想通貨取引所によって異なります。

 

ビットコイン決済

ビットコイン決済とは、提供されるサービスや購入した商品に対して代金を支払う際、ビットコイン(bitcoin/BTC)を送金して精算することです。日本国内でも仮想通貨(暗号通貨)の普及が急速に進むにつれ、家電量販店「ビッグカメラ」や、メガネ・コンタクトレンズなどの販売を行う全国チェーン店の業界大手企業「メガネスーパー」、海外格安航空券の売上で日本一の「H.I.S.(エイチ・アイ・エス)」などでビットコインで決済が可能になり、飲食店情報グルメサイト「ぐるなび」が “2020年の東京オリンピックまでに 5万店が目標” とするなど、ビットコインの実用化が着々と進んでいます。

 

bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)とは、ビットコイン・仮想通貨(暗号通貨)取引所で、2014年1月に設立され、ビットコイン(bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(litecoin)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH, BCC)など、1,000種類以上もある世界中の仮想通貨の中でも、取引高(時価総額ランキング)が上位にある主要な通貨を取り扱っており、三菱 UFJ キャピタル、リクルートホールディングス、SBI インベストメント、電通デジタルホールディングスなど、業界最大手の企業から出資を受ける “取引量日本一” の仮想通貨(暗号通貨)取引所です。

 

ビットコイン ATM

ビットコインの売買ができる機器の事です。ビットコインATMは取引所を介さないで直接自分のウォレットとのやりとりで、「自分のウォレットからビットコインを売って現金に換金」したり「持っている現金を入金して自分のウォレットにビットコインを入金」してもらことが出来ます。

 

仮想通貨アドレス

仮想通貨アドレスとは、仮想通貨専用の財布(ウォレット)の口座アドレスの事です。銀行の口座番号の様なもので、27〜34 文字の英数字の組み合わせからできていて、仮想通貨を入金・送金する際、このアドレスを通して財布(ウォレット)に入金・送金する事になります。

 

ビットコインウォレット

ビットコインウォレットとは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)のようなものです。名前こそ財布ですが、どちらかというと銀行口座の方に近く、アドレスを通して仮想通貨を入金・送金します。ウォレットの種類としては、「ウェブウォレット(インターネット上の財布)」 、「モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)」等があります。

 

ビットコイン・コア

ビットコイン・コア(Bitcoin core)とは、ビットコインの開発を行う人達の事です。ビットコインコア開発者はコード上のバグを修正したり、仕様をより良いものにしようと日々開発を行っています。ビットコインの改善提案を元にビットコインが今後どのような方向へ改善していくべきか議論が行われ、議論参加者の賛成が多く、ビットコインコア開発者も賛同すれば実際にビットコインが改善されます。

 

BIP

BIP(bitcoin improvement proposals)とは、直訳すると、ビットコインの改善(improvement)提案(proposals)となります。つまりビットコイン技術を改善する為に作成、公開される提案書の事を総称して BIP といいます。

 

ピア・ツー・ピア(Peer to Peer)P2P

ピア・ツー・ピア(Peer to Peer)P2Pとは、中央サーバを用意せず個々の端末(パソコンなど)がお互いに信頼しあうことで成立するネットワークのことで、無料の通話システムのスカイプにも使用されています。ほとんどの仮想通貨ではこの P2P が使用されている。互いの端末間で管理するためそのためデータの正しさを証明することが難しかったが、ビットコインではブロックチェーンを導入することでこの問題を解決しました。

 

ビットコイン ETF

ビットコインの ETF(上場投資信託)への上場の事です。
ETFに上場すれば、・リアルタイムで売買可能・株や債権などで分散投資が可能・相場の値動きを見ながら投資可能など様々なメリットがあります。

 

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)

ビットコインキャッシュクラシック(Bitcoin Cash Classic/BCHC)とは、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)が抱えていた問題を解決するために実行した「ハードフォーク」後に誕生する可能性がある仮装通貨です。

 

ブロックチェーン

ブロックチェーン(Blockchain)とは、コンピュータ上にデータとして存在するビットコイン(bitcoin/BTC)や、その他の仮想通貨(暗号通貨)を支えている「分散型のコンピューターネットワーク」で繋いだデータの記録システムの事です。

銀行のような中央組織が存在せず、仮想通貨によって取引されたすべての取引データを、インターネットを介して同じデータを取引当事者を含めた複数の端末(パソコン・スマートフォンなど)を持つ事で管理します。

 

フィンテック

フィンテック(Fintech)とは、Financial technologyの略で金融に関わるITテクノロジーの総称です。
主に決済サービスや、自動売り買いサービスなどのことを指します。

 

ファクトム(FCT)

ファクトム(Factom/FCT)とは、登記簿や貸付記録・証券・保険などありとあらゆる書類や記録をビットコイン(bitcoin)で使われてるブロックチェーン上に管理する目的で作られた分散型のデータ管理プラットフォームです。

 

分散型台帳

分散型台帳とは、分散型のデータベースの事を指し、インターネットを介して同じデータを複数の端末(パソコンなど)で持つ事で管理します。中央管理システムの対となるシステムのことです。ビットコインはこの分散型台帳を採用しており、ブロックチェーン技術の開発により現実になったシステムの名称。

 

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは、コンセンサスアルゴリズムのルールの 1つで、直訳すれば「作業の証明」、つまりブロックチェーン上でブロックを作成する作業量を多くするための計算能力を持つコンピュータを所持しているマイナーほど、マイニング(採掘)報酬を得やすくなるというルールの事になります。

 

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、コンセンサスアルゴリズムのルールの 1つで、直訳すれば「出資の証明」つまりその仮想通貨の保有量が多いほど、ブロックチェーン上でブロックを作成する事が有利になり、マイニング報酬を得やすくなる、というルールの事です。

 

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、仮想通貨を保管する財布(ウォレット)の一種です。紙に口座アドレス・秘密鍵を印刷することによって、仮想通貨のデータを保管する仕組みになっています。紙なのでハッキングする事が出来ず、ネットセキュリティの上では安全ですが、ペーパーウォレットの紛失、盗難、火災などに気をつける必要があったり、経年劣化により文字が消えてしまう恐れがあります。

 

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)

ぺぺキャッシュ(PEPECASH)とは、海外の人気匿名掲示板「4ちゃんねる(4chan)」のコミュニティで話題になった独自トークンで、カウンターパーティ(Counterparty)というビットコイン(bitcoin/BTC)のブロックチェーン(Blockchain)のプラットフォーム上で生み出された XCP を元に作られた仮想通貨(暗号通貨)の一種です。

 

ペンディング(Pending)

ペンディング(Pending)とは、保留中の状態を指します。
取引所の承認を待っている順番待ちの状態で、ステータス画面に表示されます。

 

ボラティリティ

ボラティリティとは、高値と安値の幅の事を指し、略してボラと呼ぶ事もあります。

ボラティリティは一般的には大きいほどリスクが高く、小さいほどリスクが低いとされており、ボラティリティの大きい状態というのは、高値と安値の合意が取れる意見が一致していない状態と言われています。

 

ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、仮想通貨の発行元による、仮想通貨の企画や構想そして技術的な内容が書かれた発行書の事です。
特に仮想通貨発行前にどのような仮想通貨であるかを知ってもらう為の公開文書の意味合いが強いです。ホワイトペーパーを読む事によって発行しようとしている仮想通貨がどのようなものなのかを知る事ができ、ICO と呼ばれる仮想通貨のプレセールに参加するかどうかの判断材料として利用されます。

 

ホールド

ホールドとは購入した銘柄を売却せずに、持ち続けることを指します。

 

ホットウォレット

ホットウォレットとは、仮想通貨の秘密鍵をオンラインで保管し、すぐに書き換えや移動ができる状態のウォレットのことを指します。

 

ポジトーク

ポジトークとは、ポジション(保有)している銘柄に有利になる会話を行うことを指します。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_ま行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

 

 

マイニング(採掘)

マイニング(Mining)とは、仮想通貨のネットワーク維持のためにコンピューターの処理能力を提供し、その代価としてアゴリズムに則り新たに発行された仮想通貨を報酬として受け取る行為のことを指します。

 

マウントゴックス

マウントゴックスとは2014年3月に、115億円相当のビットコインを消失した、東京にあったビットコイン取引所の「マウントゴックス」社の事です。マウントゴックス社は結局民事再生法を申請し経営破綻しました。これは外部からのハッキングではなく、マウントゴックス社の社長の横領によるものだった事がのちに判明します。このことから仮想通貨取引所に預けていた仮想通貨を取引所ごと消失してしまう事を、この事件になぞらえて「Goxする」といわれる事もあります。

 

マイニングプール

マイニングプールとは、複数のマイナーでマイニングを行うシステムの名称で、マイニングは膨大な演算を行うため、大量のハードウェアと電気が必要になる。すでにマイングを個人で行うのは不可能な状況になっているため複数のマイナーや出資者を集めた企業がマイニングを行い、獲得したビットコインを分配する仕組みになっている。個人で行うよりも確実なビットコイン獲得方法と言われています。

 

マイニング工場

マイニング工場とは、企業がマイニングを行うために作り上げた工場のこと。マイニング専用のハードウェア(ASIC 機)を数千〜数万台用意し、大量の電気を消費してマイニングを行っており、大規模なマイニング工場になると、投資額は数千億円になるとも言われている。マイニングファームとも呼ばれることもある。

 

マイナー(採掘者)

マイナー(Miner)とは、マイニングを行っている人物や団体のことを指します。
非中央集権と言われているブロックチェーンの技術ですが、巨大な資金を投じてマイニング工場を運営しているマイナーの影響力が大きくなっており、中央集権化していいるとの意見も出てきています。

 

マスターノード

マスターノードとは、その仮想通貨を保有したうえでノードを立て計算処理を手伝うことで、対価として仮想通貨を受け取ることができる仕組みです。

通貨により保有すべき仮想通貨の量が異なります。

 

モネロ(Monero/XMR)

モネロ(Monero/XMR)とは、匿名性が重視されている仮想通貨(暗号通貨)の一種で、エスペラント語で「コイン・硬貨」というを意味を持っています。

 

モナコイン(MONA)

モナコイン(MonaCoin/MONA)とは、2013年12月に公開された仮想通貨(暗号通貨)で、日本の巨大掲示板 2ch(2ちゃんねる)のソフトウェア板で Mr.Watanabe(わたなべ氏)によって開発された “日本産” のアルトコイン(altcoin)です。MonaCoin は、セグウィット(SegWit)に成功した世界初の通貨であり、取引処理スピードが速いことも特徴です。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_や行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

 

 

UASF

UASF(ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォーク)とは、User Activated Soft Fork の略称で、マイナー(マイニングをする人達)主導ではなく、仮想通貨(暗号通貨)所有者や仮想通貨取引所などのユーザーが主導で提案して仮想通貨の改善を行うソフトフォークの事です。反対語は MASF(マイナー・アクティベイテッド・ソフトフォーク)になります。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_ら行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

 

 

ライトニングネットワーク

ライトニングネットワークとは、個人間でビットコインの自動取引ができる仕組みの名称で、少額支払いを可能にしたり、手数料を削減したりする事が出来るネットワーク技術です。もしライトニングネットワークが実現すれば、超高頻度な決済取引を行えるようになり新たな仮想通貨の利用方法が出てくる可能性があり、ビットコインのスケーラビリティ問題の解決法として期待されているシステムです。

 

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(Litecoin/LTC)とは、2011年 10月に元 Google のエンジニアの Charlie Lee 氏が公開したアルトコインです。基本的にはビットコイン(bitcoin)をもとにして作られていますが、最大の特徴はビットコインの 1/4 の約 2分半で送金が完了する点です。

 

リップル(XRP)

リップル(Ripple/XRP)は、仮想通貨(暗号通貨)の一つとして扱われていますが、ビットコイン(bitcoin/BTC)などと同じ通貨ではなく、リップル社(Ripple Inc.)が提供する分散型技術を使った金融商品の決済・送金システムのことです。Ripple の最大の特徴は “国際送金に特化している” という点で、情報の流通に大な変化をもたらしたインターネットのように、リップルネットワークを通じてスムーズに資金の移動が可能な世界「価値のインターネットの実現」を実現することをミッションとしてます。

 

リスク(LISK)

リスク(LISK/LSK)とは、イーサリアム(Ethereum/ETH)の様な「スマートコントラクト(契約情報)」を使用した分散型アプリケーションと言われるプラットフォームの名称で、様々なサービスを行うことができる、総発行枚数が無限の仮想通貨(暗号通貨)です。LISK には 3つの大きな特徴があり、1つ目に、スマートコントラクトの記述の際、WEB 技術で広く使われている「Javascript」をプログラミング言語として採用していること。
2つ目に、アプリケーションの基盤に「サイドチェーン」を使用していること。3つ目は、DApps で立ち上げたブロックチェーン(Blockchain)の承認システムを開発者が自由にカスタマイズできることです。リスクは、そのサイドチェーンと言われるシステムを使い、送金時の処理能力を向上させ複数のブロックチェーンを使用することで、ハッキングなどに対し非常に高いセキュリティ対策ができています。また、ビットコイン(bitcoin/BTC)ではマイニング(採掘)にあたる “取引認証作業” を LISK では「フォージング」というものを採用しています。

 

利確

仮想通貨取引所で、仮想通貨を円で買って、買った時より価値が高くなったところで売って、買う前より利益がプラスになる事を確定させる事をいいます。

 

リプレイアタック

リプレイアタックとは、分裂した仮想通貨に対して不正な出金を繰り返す不正アクセスの事です。
例えば、とある仮想通貨がハードフォークによって「仮想通貨 A」と「仮想通貨 B」に分かれたとします。その際、 その仮想通貨を預かっている取引所がハードフォークに対応出来ていなかった場合、通貨 Aを 1コイン分出金した際、通貨 B も 1コイン分不正に出金されてしまいます。通貨 A を 1コイン分を入金し、再度通貨 Aを 1コイン分出金したら、また通貨 B も 1コイン分不正に出金されてしまいます。これらを繰り返し(リプレイ)行った場合、仮想通貨 B を取引所にある分すべて不正に出金されてしまいます。このような事がないよう、各仮想通貨取引所はハードフォーク予定日前後に取引を停止してリプレイ攻撃等の攻撃・不具合に備えますが、仮想通貨所有者の方でもあらかじめ取引所に置いてある自分の仮想通貨は、ハードフォークの際は自分のハードウォレットなどに移し変えておく方が安全だと思われます。

 

レバレッジ取引

レバレッジ(leverage)取引とは、保証金を取引所に預け、保証金以上の取引を行うことを指します。
小さい力で大きな物を動かせるテコに原理が似ていることから英語のlever(テコ)を語源にレバレッジ取引と言われており、略してレバと言われることもあります。

 

レイン(Rain)

レイン(Rain)とは
仮想通貨コミュニティの中で、仮想通貨のホルダー同士がそのコミュニティに参加しているユーザーに、コインを配布する行為を指します。
なぜ無料で配布するのか疑問になりますが、POSマイニングなどで無料で手に入った仮想通貨を持っているユーザーが、自身が所属するコミュニティを盛り上げるために、配布することが主な理由です。

 

狼狽売り

狼狽売りとは保有する銘柄が下がった際に、パニックになり売却してしまうことを指します。

 

ロング

ロングとは仮想通貨取引所で、特定の仮想通貨を「先に買い後で売る」事です。 仮想通貨の取引でとりあえず仮想通貨を買ってエントリーし、後で売る事を確約して待機している状態になります。価格が上昇するまでひたすら待ち続ければ良いように思えますが、通常日単位で状態維持の手数料が発生しますので、待機状態が長引くと手数料の負担が大きくなってしまいます。また仮想通貨の価値が大暴落してしまうと、売買の差額損失が大きくなってしまうリスクがあります。

 

ロードマップ

ロードマップとは、そのプロジェクトがいつどのようになるかを表した、プロジェクト実行計画のことを指します。

 

仮想通貨 暗号通貨用語_わ行

アルトコインハンターBULLヒロ トップに戻る Twitter(@BULLヒロ

仮想通貨投資_お役立ちMENU

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓