2018年に仮想通貨投資をはじめるメリットとデメリット

いま使っている国内取引所に😓不安な方

いま当サイトから申し込みNo1👑国内取引所Bitpoint✨BTCもXRPも板取引📈

BULLヒロ🐮🍀です。今後もトレード戦略をつぶやいていきますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊

いまこの記事を読んでいる方は、「コインチェックでNEMが560億円流出」という事件を聞いて不安な気持ちと、2017年に10万円だったビットコインが240万円になるなど、興味はあるけど心配な気持ちがあるかと思います。

今年に入って興味を持った方に向けて、2018年に仮想通貨投資をはじめるメリットデメリットを整理したいと思います。

 

BULLヒロが仮想通貨投資をはじめたきっかけ

私がビットコインについて初めて知ったのは、2014年のマウントゴックスのビットコイン流出事件でした。
ニュースでビットコインを知った時に、「なんて怪しいものに投資しているんだろう」という気持ちと、「もし本当に価値があるなら、値下がりしている今が買い時では」という2つの気持ちがおきました。

しかし、そのあと3年経っても何も調べもせず、もちろん投資もしませんでした。

転機がおきたのは2017年の10月に、知人がビットコイン以外にも仮想通貨があると教えてくれたことでした。

その当時すでにビットコインが年初の10万円から、50万円近くに上がってしまい「乗り遅れてしまった」という気持ちでした。

「ビットコイン以外にも通貨があるならまだチャンスがある」と感じ、すぐにCMを見ていて安心感があったビットフライヤーの口座を開設し、投資をスタートさせました。

 

2018年に仮想通貨投資を始めるメリット

 

 そもそもビットコインの価格はなぜ上がるのか

ビットコインは発行枚数が2,500万枚に限られています。そのため保有者が増えるごとに、価格が上がる構造になっています。
これに対して日本円はいくらでも追加発行していい通貨です。 そのため価値が大きくは変わらずに、他の国とのバランスを取っているとも言えます。

あれだけ上がったのに、まだ価格が上がる可能性はあるのか?

先ほど利用者が増えるほど価格が上がるとご説明しましたが、コインチェック事件後の2018年1月26日(金)~1月31日のアンケートで、すでに購入している人はたったの2.9%しかいない状況です。

気持ちは分かります。 マウントゴックス事件の時に何もしなかった私と同じように、何もしない人はいつまでも何も調べもしないのです。

 『仮想通貨に関するアンケート調査』 Tカードを利用している20~69歳 N1501参照

 

さらにもう1つ情報を提供すると、ビットコイン以外のすべての仮想通貨の時価総額を合計しても、アップルの株式の時価総額にも及びません。
(仮想通貨全体の時価総額53兆円に対して、アップル1社で87兆円)

つまり、仮想通貨のマーケットは未だに小さく成長途上という状況です。

 

価格が一度下がっているタイミングの方が、勝てる確率が高い

もし、こちらをご覧いただいている方の中で、「いまビットコインの価格が下がっているから不安」という方がいたら、その考えは投資の世界では間違いだと思ってください。

私は株式やFXなど5年以上の経験がありますが、価格が上がっている時の方が下がるリスクが高いです。
2018年1月はコインチェックの事件などで、ここ数年で最大の値下がりを記録しました。

一度下がるところまで下がった相場は、底が確認された状態といい、値下がりした2018年こそ買うにはうってつけのタイミングと言えます。

2018年に仮想通貨投資を始めるデメリット

 

 ビットコインはまだ上がるが、今から100倍は考えずらい

ビットコインはその特性から、2017年の高値240万円を超えてまだ上昇する余地は大きいと言われています。

しかし2018年にビットコインを購入して、今までのビットコインのように100倍〜1,000倍の利益を出すことは、なかなか難しいと思います。

そこでいまから100倍〜1,000倍が期待できるのがアルトコインです。
アルトコインとはビットコイン以外の1,000を超す仮想通貨です。

アルトコインはビットコインの性能をすでに超えているものや、ビットコインとは違う用途のために開発されたものがあり、この先主役が交代する可能性が高いと言われています。

なので今から始める人は、ビットコイン以外にもアルトコインも購入する事で、大きなリターンが期待できます。

 

 セキュリティは自分で努力する必要がある

昨年のコインチェックの事件で分かる通り、仮想通貨は盗むに値する価値があり盗難したいハッカーに常に狙われています。

昨年の盗難はコインチェックがコールドウォレットに保管する事を怠ったため発生しました。
(コールドウォレットとは、インターネットと遮断した、オフラインで取引に必要な鍵を保管するデバイスの事です)

投資家が同じ被害にあわないためには、この秘密鍵を取引所に預けっぱなしにせず、個人で管理する必要があります。

この秘密鍵の管理方法は、追って書きたいと思います。

私の思うこと、まとめ

 

私は先ほどまでご紹介した、購入者が増えれば上がる仕組みと、まだ購入者が少ないという根拠から、2018年も引き続き投資を続け、1月の暴落時に資産を一時的に減らしましたが、2月現在も大きな利益を上げられています。

こういった新しいことにチャレンジする際は、最初に始めることが一番のハードルになるかと思います。

名前や住所の入力など、確かに少し面倒ですが10分あれば仮想通貨口座を開設することができます。

2018年は取引所のセキュリティが不安になる年でしたので、取引所ごとのセキュリティをしっかり理解したい方は、こちらの取引所セキュリティ比較記事をご覧ください。

 

今回、2018年に仮想通貨投資を始めるなら、アルトコインに投資すべきとご紹介しました。
代表的なアルトコインは、こちらの画像のうちビットコイン以外の通貨を指します。

 

アルトコイン購入にオススメの取引所[国内の取引所]Zaif..剛力彩芽のCMでおなじみ、アルトコインを国内で1番安く取引できます。

[海外の取引所]バイナンス..日本人にも人気で、取り扱いコインが100以上 手数料が安いです。

[資金がない場合のFX]DMM Bitcoin…証拠金の5倍のアルトコインが購入できるFXが好評です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓