バイナンス(Binance) アンドロイド(Android)アプリの使い方

仮想通貨投資_お役立ちMENU

BULLヒロ

🍀🐮🍀(@BULLヒロ)です。 今日は僕が最も愛用しているバイナンスのアプリAndroid版の使い方を解説します。 

 

バイナンス(Binance)のメリット・デメリットおさらい

バイナンスは2017年に誕生した比較的新しい取引所ですが、ユーザーファーストの使いやすさが支持され2017年12月に、仮想通貨取扱高世界一になった人気の取引所です。

バイナンスのメリット・100種類を超えるアルトコイン、大抵のものはバイナンスで買える。

・ハードフォークすべてに対応し、置いているだけで新コインがもらえる。

日本語に対応しており使いやすい

バイナンスのデメリット・日本円入金は対応しておらず、BTCやXRPなどで送金が必要。

・上海(中国ではない)の取引所のため、上海に関わる法改正の影響をうける。

・公式サイトは日本語対応しいるが、アプリは英語(ただし直感的なので困らない)

バイナンス(Binance)入金方法

まずは画面下側のタブにある「Funds」ボタンを押し、こちらの画面に切り替えます。
次に、画面上部の「Deposit」ボタンを押してください。

Select Coinを押して入金したい仮想通貨を選びます。

 

相当な数のアルトコインで入出金ができます。今回はBTCを選択しました。

通貨の選択を終えると入金用アドレスが表示されるので、出金用の取引所でアドレスを入力して入金を完了させましょう。
通貨の種類を間違えて送金すると、取り消しできないため絶対に間違えないようにご注意ください。

バイナンス(Binance)チャートの見方

チャート画面に行くには下のタブの「Maket」ボタンを押し、購入したい通貨を選択します。
日本の取引所はBTC/アルトコインのペアしかない取引所もありますが、バイナンスではBNB(バイナンスコイン)や、ETH(イーサリアム)なども用意されています。

こちらがチャート画面です。 初心者向け記事 でも書きましたが、取引は原則ビットコインBTC建てで見ると、世界中の多くのトレーダーと同じ画面を見る事になるので、トレンドをつかみやすいです。

それではトレード画面をご説明します。
a.時間設定:1分〜1週間まで時間軸の変更ができます。
b.出来高:緑(青)が買いが強かった出来高、赤は売りが強かった出来高です。
c.売り買い:Buyは買いSaleは売りですね。 これを押しすと購入設定画面に移動します。

別途、トレードに関する記事も書きますが、中期で買いを入れる場合はまずは大きな時間軸でチャートを見ます。
まずは1Weekか1Dayで大きな流れを確認し、問題なければ1hや1minで買うべきタイミングをつかむイメージです。

バイナンス(Binance)取引(トレード)画面

BuyボタンかSaleボタンを押すとこちらのトレード画面が表示されます。最も簡単な注文の方法をご紹介しますね。
a.買値を押す:右下の買値一覧から購入したい価格を選択します。
b.何割買うか決める:いま持っているBTCのうち、何割分購入するか選択します。
c.購入する:Buyボタンを押し購入します。
計算の難しいBTC立ての購入も、これならざっくり計算して適正価格で買ってくれます。ほんとアプリが秀逸!(^ ^)

a.の買値は押した後に−+ボタンを押すか、手打ちする事で修正も可能です。
b.の割合も25%〜100%を入力した後に同じく−+か手打ちで微調整できます。


以上、バイナンスのアンドロイド(Android)アプリの操作方法でした。
このトレード画面を活用した、トレード手法を今後ご紹介したいと思いますので、
ぜひTwitter(@BULLヒロ)フォローしてくださいね(^ ^)

バイナンス(Binance)口座の開設方法

口座解説に関する記事は バイナンス口座解説方法の記事 を御覧ください。

Binanceのサイトはこちら

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓