【完全版】登録使い方|BitMEX ( ビットメックス)|入金からテクニカルまで網羅

仮想通貨投資_お役立ちMENU

本日は人気取引所BitMEXの登録方法と使い方を徹底解説します。追証(借金)なしでレバレッジ100倍ビットコインFXとアルトコインFXができます。

ヒロ

BULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊

 

BitMEXの使い方に関する記事を定期更新していますが、こちらのページに入金からテクニカルまですべての情報をまとめ、
このページだけ見れば、BitMEXは使いこなせる状態にしますので、ぜひブックマークなどしてくださいね。

BitMEXはレバレッジが100倍までかけられ、さらに追証(借金)がなく、トレードに失敗した場合も損失を限定できるので人気があります。
うまく活用すると少ない資金で、大きな利益を出すことができますので、勝負所で使っていきましょう!

 

もくじでカンタンに確認

ビットコインFXを使って欲しい局面

まずビットコインFXが、どんな時に使えるか簡単に説明します。

 ビットコインFXのメリデメはこちら

ビットコインFXでリスクを限定し安全に仮想通貨をトレードする
ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊ビットコインFXは、「儲かっている人は多いけど、リスクが...

ビットコインFXは、こんな時に超必殺技として使ってください。

持っている資金が少なく、集中して増やしたい

bitMEXでは持っているお金の1倍〜100倍の注文を出すことができます。
100倍の注文で成功した時は、利益も100倍になるということです。
※100倍の注文のリスクと使い方は、後に記載していますので、必ずご確認ください。

下落している時にも利益を出したい

ビットコインの価格が暴落する時は、上昇する3倍の速度で下落すると言われています。
つまり、下落時の方が早く儲かるということです。
※先ほどの記事に、ショート(空売り)について、詳しく説明しています。

今持っている通貨を売らずに、追加で取引したい

bitMEXでは、持っているビットコインを取引所に預け
ビットコインを売らずに証拠金として、追加の取引を行うことができます。

BitMEXの登録方法 1分で完了!

日本の取引所と違いBitMEXの登録はかんたんで、本人確認なしで1分で終わるので、サクッと済ませてしまいましょう。

BitMEX特徴

・海外取引所ですが日本語に対応
12種類の豊富なアルトコインFXができる
 
( XBT  , XRP , BCH , ETC, ETH , ADA, , LTC )
・トレード画面の動作が軽く注文が入りやすい
レバレッジ最大100倍
・ロスカットのみで、追証がない
・口座開設がメアドとパス登録などで3分で即日スタートできる

BitMEXに1分で登録(無料)
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。

 

〜BitMEX 初心者向け使い方〜

BitMEXの使い方|まずは設定を日本語に変更しよう

トップ画面から言語を日本語変更

右上の国旗マークをクリックして、日本の国旗を選択すると日本語に変わります。

ビットコインをBitMEXに入金する

まずBitMEXに入金するまでの流れをご説明します。

BitMEXの入金アドレスを表示しコピーする

まずはビットコインアドレスの表示とコピーですが、
アドレスのコピーを間違えると、取り返しがつかないので
必ず2重以上の慎重な確認をしてくださいね。

ビットコインを持っている取引所から送金する

普段利用している取引所から送金作業を行ってください。
まだ日本の取引所を開設していない方は、BitFlyerなどで口座を開設して、ビットコインを購入しBitMEXに送金します。

XBTに表示されれば入金完了

入金管理でご説明したアカウントをタップし、残高に反映されればOKです。
BitMEXではBTCがXBTと表示されますが、問題ありませんのでご安心ください。

BitMEXでは1BTCが1XBTと表示されるということです。

BitMEXからの送金(出金)について

BitMEXからの送金は1日1回で 日本時間22時までに送金手続きを行うと、翌日に送金されるスタイルです。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

BitMEXのルールを理解しましょう

操作方法を覚える前に、まずはBitMEXの基本ルールを理解しましょう。

レバレッジ

レバレッジ設定を操作する前の初期設定は、クロスという設定です。
これはレバレッジ100xと同じ意味で、証拠金をすべて使い100倍まで購入できる状態です。

誤解されがちなのが、このバーを100xにしたら、100倍の注文が勝手に入るわけではありません。
あくまで上限値を決めているだけなので、何倍分買うかは自分で計算して注文します。

そのため、初期設定のクロスから変更しなくとも問題ありません。
※クロスにすると、万が一ロスカットになった場合は、入金されている証拠金が0になるので、
半分だけかけたい時は50xに設定、1/4なら25xに設定しましょう。

ロスカット

ロスカットとはいくら値下がりしたら、自動的に売却されるかです。
この一覧表を見ると分かりますが、100xは0.5%下がるだけでロスカットです。

ビットコインは1日で5%〜20%は当たり前に動きますので、
下に書いた、トレードの期間ごとに向いているレバレッジで勝負してください。

本当にマイナス(借金)にならないのか?

ロスカットの話をして気になるのは、本当に追証がなく借金にならないのか?という点です。
これについては、私の個人資金で試しにロスカットかけて検証した事と、
他のネット上の記事でも同様の投稿がある事から、問題ないと結論付けます。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

BitMEXの画面の見方を覚えましょう

さまざまな機能が搭載されているBitMEXですが、まずは絶対に必要な機能を覚えましょう。

発注管理画面

成り行きで買うより指値の方が手数料が安いので、できるだけ指値で注文を出してください。
また入金額がビットコインXBTなのに、数量をUSDで入力するため、分かりづらいです。

[指値で入れた額]= [1XBT]と考えるとかんたんです。 まあ慣れれば問題ない。

Post-Only
指値で注文しても指値で入れた金額帯に、すでに注文が入っていると成り行きとして扱われテイカー手数料がかかります。
Post-Onlyはそれを防いで、必ず指値で注文が入るようにしてくれる機能です。

Hidden(非表示)
Hidden は、注文板(Orderbook)に情報を載せない時にチェックを入れます。 通常はチェックを外しておきます。

Reduce-Only(減少限定)
Reduce-Onlyは、所持しているポジションの数量を減らしたい時に使う機能です。
ポジションがないのに「Reduce-Only」にチェックが入っていれば注文はキャンセルされます。

 

チャート画面

チャート画面もボタンがたくさんありますが、初心者の方はこの2つの機能だけ使いましょう。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

実際に注文を入れてみましょう

まずは一気に大きな注文を入れずに、少額でテスト的に注文を出してみましょう

1番かんたんな発注方法を説明します

BitMEXの発注では数量と指値の設定と、レバレッジの計算が毎回めんどうです。
この手順で行うと、電卓を使わずに大まかな計算を画面上で行って発注できます。

指値(Limit Order)

金額を指定して購入する場合に使います。
例えばもう少し値下がりして9,200USDになったら、10,000USD分買いたいみたいな時に使います。
こちらを使うことで手数料を抑えられるので、BitEMXではできる限りこちらを利用しましょう。

成行(Market Order)

とにかく即時売り買いしたい時に使います。
例えば価格が一気に上がる局面で、指値で値段を入れているうちにも上昇してしまうような場合です。

ストップ指値(Stop Limit), ストップ成行(Stop Market)

指定した値段以下か以上になった場合、注文を入れます。
例えば9,000USDの節目を割って、暴落した場合どこかで損切りが必要ですが、常に監視するわけにもいきません。
なので、9,000USDを割った場合、自動で注文が入り8,900USDの指値でロスカットする。というようなオーダーを入れます。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

保有ポジションについて

注文が約定すると、発注画面の下の方にこのような表示が出てきます。

契約の詳細画面のうち大事なポイント

8,241.0▲ 一番大きな金額表示
こちらが現在のリアルタイムの売買価格です。

BitMEX インデックス価格
購入した価格帯です。

資金調達立
記載されている時間に、何%の手数料がかかるか表示されています。

Funding Cost
実際に発生したポジションキープの手数料です。

契約価額
購入した数量が表示されます。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

BitMEXの手数料

最後にBitMEXの手数料を把握して、上手に利用して利益を最大化しましょう。
また、以下の手数料はレバレッジをかけた後の総額にかかりますので、
レバレッジを大きくかけた場合は影響が大きいので、うまく計算して使いましょう!

ビットコイン売買時の手数料

テイカー(Taker)手数料 -0.0250%
すでにオーダーブック(板)に出ている注文を売り買いした場合の手数料です。

メイカー(Maker)手数料 0.075%
オーダーブック(板)にまだ出ていない金額で注文を出し、売り買いした場合の手数料です。
マイナスということは成立するごとに少しですが利益が出ます。

アルトコイン売買時の手数料

BitMEXは通貨ごとにかけられる最大レバレッジと手数料が違います。
こちらが一覧表になりますので、参考にしてください。
できるだけ指値でメイカー手数料になるようにオーダーを入れていきましょう。

仮想通貨一覧 単位 最大ポジション メイカー手数料 テイカー手数料
ビットコイン XBT 100x -0.025% 0.075%
リップル XRP 20x -0.050% 0.250%
ビットコインキャッシュ BCH 20x -0.050% 0.250%
イーサクラシック ETC 20x -0.050% 0.250%
イーサリアム ETH 50x -0.050% 0.250%
カルダノ ADA 20x -0.050% 0.250%
ジーキャッシュ ZEC 5x -0.050% 0.250%
ステラ XLM 20x -0.050% 0.250%
ダッシュ DASH 20x -0.050% 0.250%
ネオ NEO 20x -0.050% 0.250%
モネロ XMR 25x -0.050% 0.250%
ライトコイン LTC 33.33x -0.050% 0.250%

 

BiTMEXは、指値で出して手数料を抑えよう!

ポジションキープ(利子)手数料

BitMEXでは8時間ごとに手数料がかかります。
時期により変動しますが、私が見ている画面ではショート(売りポジション)は0.0606%
ロングはマイナス0.0606%、ロングの場合はポジション保持で増える状態ですね。

これは、あくまでXBTに対してであってアルトコインについては、ポジションキープ手数料はかかりません。

BiTMEXは、アルトコインはポジションキープ手数料がかかりません。

手数料が発生する時間と金額はこちらに表示されます。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

BitMEXよくある質問と注意して欲しい項目

 

Q.いま持っているポジションを解消したら、そのポジションに関するオーダーも消えますか?

例えばXBTを10,000USD分持っていて、価格が下がったらロスカットする指値注文を入れているとします。
その状態でいま持っている10,000USD分のポジションを解消したら、ロスカット注文も消えて欲しいのですが、
BitMEXの場合は注文が残ったままで、そのままショート注文として取り扱われます。

このように書くと難しく聞こえそうですが、出した注文がそのまま残ると覚えてください。
なので、自分が出した注文はすべて自分の手で管理しないといけません。 まあマニュアルカーみたいなものです。

Q.アルトコインFXは長期間保有して大丈夫ですか?

ポジションキープの手数料が発生しないので、長期間ポジションを持っても大丈夫です。

 

Q.初期設定はクロスマージン(最大100倍)になっていますが、レバレッジを下げた方がいいですか?

私はクロスマージンから変更していません。 最大100倍であっても購入は自分の手で行うので、
持っている証拠金の2倍分しかポジションを持っていなければ、あくまでレバレッジは2倍の状態です。

反対にレバレッジを操作して2倍に設定すると、ロスカットされるリスクが上がるので、私はそのままにしています。

 

Q.レバレッジはどの程度がいいですか?

私は初心者の方は最大2倍を推奨しています。 10倍などのハイレバは取引時間数分間で、かなり正確にチャートが読めないと推奨できません。

 

Q.海外の取引所は初めてですがセキュリティは大丈夫でしょうか?

BitMEXのセキュリティは私が調べている取引所の中では、比較的推奨に値すると思っています。
特にハッカーに狙われて1番困るのは、資金を外部取引所に送金されることですが、
BitMEXは人の手で不正がないか検閲しており、ハッカーからしてもハッキングを避けたい取引所と言われています。

 

Q.分からないことは質問してもいいでしょうか?

大丈夫です。 TwitterなどのDMだと他の人に共有されないので、以下のツイートのコメント欄から質問してください。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

 

〜BitMEX 中級者向けアルトコインFX編〜

BitMEXはアルトコインFXも魅力的

BitMEXはビットコインのレバレッジを最大100倍にする事で、BTC値幅1万円のような少ない値動きでも大きな利益を出す事ができます。
その他にもアルトコンのFXでも手数料が安く、取り扱い通貨が多いので魅力的です。

各取引所と比較してFX取り扱い通貨が多い

アルトコインFXの手数料が安い!

アルトコインFX手数料は0.25%でとても安いです。 この手数料で利益が出せないようなポジションを取ってはダメですね。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

 

 

〜BitMEX 中級者向けテクニカルツール編〜

BitMEXで使えるテクニカルツール よく使うもの

BitMEXは有料でもいいのでは?と思うほど大量のテクニカルツールが無料で使えます。
まずは、使う方が多い優先順位の高いものをご紹介します。

また、今回の記事を元にテクニカルツールを初めて使おう!という方へアドバイスです。
こんな事を言うと変かもしれないですが、テクニカルツールのほとんどは無理に使う必要がありません。

なぜなら、基本となるローソク足や移動平均線を見ていても、その他のツールと同じ答えが出ている場合が多いからです。
「移動平均線売り!」「MACDも売り!」そんな感じです。

なので、たまにチェックしてみて、「このパターンの時は、このサインが使える」と、
自分に合ったツールを探すような使い方で大丈夫で、判断材料の1つとして使いましょう。

 

出来高の表示方法

BitMEXは日本語で操作・検索できるので、日本語に設定してから「出来高」と検索しましょう。

トレンドライン

チャートのレジスタンス(抵抗)同士とサポートライン同士を結んで線を引くことができます。
※後日、どうやってラインを引くかなど、個別に説明しようと思います。

MACD

MACDは中央にある波形がプラスにある時は上昇トレンド、マイナスでは下落トレンドと判断します。
売買サインは、MACDとシグナル線のクロス、MACDとゼロラインのクロス、MACDやシグナル線の方向の転換などが使用されます。

 MACDダイバージェンスの見方はこちら

TRADING VIEWの便利機能のご紹介|使い方
ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊今日はもっとも使っている方が多いチャートツール、TRADIN...

 

RSI

RSIはMACDと近いツールで相場の過熱感が分かります。 50%を超えると上昇トレンドで
100%に近づくと過熱感がある状態です。 50%以下の場合は売りトレンドということです。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、統計的にチャートが推移する可能性の高いエリアをバンドで表示したもので、
はみ出すと、短期間の間にそのバンド内に戻ってくる可能性が高いと言えます。

フィボナッチ

フィボナッチは上昇トレンドの押し目や、下落トレンドの戻りポイントを見るツールです。
フィボナッチの簡単な考え方と、見方はこちらをご覧ください。

一目均衡表

一目均衡表は上昇下落のトレンド転換ポイントが一目で分かるツールです。
見方には複数のチェックするべきポイントがありますので、詳しく知りたいかたはこちらをご覧ください。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

 

実際にテクニカルツールを使ってみる

それでは実際に人気のあるテクニカルツールを使ってみましょう。

フィボナッチを引いてみる

1.フィボナッチツールを選択
チャート左側に並んでいるテクニカルツール一覧から、フィボナッチ・リトレースメントを選択します。


2.安値のポイントでクリック
今回の大相場の上昇トレンドの上昇角度が変わったポイント、つまりトレンド内の最安値をクリックします。

3.高値をクリックして完了
そのまま虹色のボックスを引き伸ばして高値でクリックします! 5秒ですね!カンタンです。
今回は高値の右側で、どこで下落が止まるかみたいので、そのまま虹色ボックスの角を右に引っ張って伸ばしましょう。

MACDを使ってみる

MACDは移動平均線の一種ですが、現在に近い価格の重要度を高めたもので、指数平滑移動平均線と言います。
反応が移動平均より敏感なので、他の指標より早く変化を察知できることが特徴です。
MACDシグナルでトレンド転換のタイミングを測り、MACDヒストグラムは売り買いの強さを測ります。

MACDシグナル(2本の線)
移動平均線と同じで、2本の線が交差するタイミングで、売り買いトレンドが転換します。

MACDヒストグラム(波)
上に出ている時は買いトレンド、下に出ている時は売りトレンド、波の大きさで売り買いの強さがわかります。


MACDヒストグラムはチャートに先行して動く
下のチャートの薄黄色の部分はチャート上では微上げですが、ヒストグラムは下落していることが分かります。
チャートはその後下落しているので、MACDヒストグラムが先に反応していることが分かります。

MACDシグナルは、さらに先行して動く!
こちらは同じチャートですが、MACDシグナルがクロスしているのはチャートが動く前です。
実際に売り買いが大きく出る1足前に先行して売買の判断ができることが分かります。

でも、MACDはダマシが多い
いままでの説明ではMACDだけ見ればうまくトレードできそうですが、
MACDは機敏に反応する指標なので、ダマシがとても多いので注意が必要です。

下のチャートは先ほどと同じものですが、シグナルがクロスしてもチャートは反応していません。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

チャート画面左側のツールボタン機能一覧

BitMEXの無料で使えるツールはここまで大量にあります。 僕もほとんど使いませんが、
「あっ!これあった!」という方もいると思いますので、網羅的にご紹介します。

テクニカルツールボタン上から1〜3

チャートの左側には様々なアイコンがあります。まずは上から見て1〜3をご紹介します。

トレンドライン ピッチウォーク ブラシ
トレンド角 Schiffピッチウォーク 長方形
水平ライン 変換Schiffピッチウォーク 傾斜長方形
水平レイ インサイド・ピッチウォーク 楕円
垂直線 ピッチライン 三角
矢印 ギャン・ボックス 折れ線
レイ ギャン・スクエア Curve
延長 ギャン・ファン Double Curve
平行チャネル フィボナッチ・リトレースメント 円弧
交差しない角度 フィボナッチ・延長ベースのトレンド
上下ライン フィボナッチ・スピード抵抗ファン
フィボナッチタイムゾーン
フィボナッチ時間ベースのトレンド
フィボナッチ・円
フィボナッチ・スパイラル
フィボナッチ・スピード抵抗円弧
フィボナッチ・ウェッジ
フィボナッチ・チャネル

テクニカルツールボタン上から4〜6

テキスト XABCDパターン  ロングポジション
テキストリンク Cyper Pattern ショートポジション
ノート ABCDパターン 予測
アンカーノート 三角パターン データ範囲
呼び出し Three Drivers Pattern 価格レンジ
バルーン  ヘッド&ショルダー Date and Price Range
価格ラベル  Elliott Impulse Wave バーのパターン
左矢印  Elliott Triangle Wave Ghost Feed
右矢印  Elliott Triple Combo Wave 投影
上矢印  Elliott Collection Wave  
下矢印  Elliott Double Combo Wave  
フラッグマーク 円ライン  
  Time Cycles  
  Sine Line  

テクニカルツールボタン上から7〜

アイコンは目印をつけるためのツールです。
その他のツールの中では、マグネットは線を引く時に自動的に高値・安値に吸い付いてくれるので常にONにして使います。
あと、情報ツリーも表示しているテクニカルを消したり出したりするので多用しますので、覚えてください。

BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

チャート画面上側インディケーターボタン機能一覧

いやー本当にBitMEXさえ使っていればOKって感じで、至れり尽せりです。

AD 平均トゥールー・レンジ TRIX
Accumulative Swing Index 指数移動平均 VWMA
Average Direction Index 方向性指数DMI アーノルド・レガックス移動平均
Connors RSI 幾小事情移動平均 アーロン
EMA Cross 相対ボラティリティ指数 ウィリアム・アリゲーター
Hull 移動平均 真力指数 ウィリアム
MA With EMA Cross 移動平均線 ウィリアム・フラタクル
MACD 移動平均の交差 エンダーのフォース係数
Mc Ginley ダイナミクス 究極オシレーター オン・バランス・ボリューム
Moving Average Channel 線型回帰曲線 オーサム・インジケーター・オシレーター
Price Channel 補正係数 クリンシガーオシレーター
RSI 騰落ライン ケルトナーチャネル
RVI 相対的活力指数 2重EMA チャプゾーン
SMIエルゴット ストキャスティング チョピネス・インデックス
コボック曲線 ストキャスティクスRSI トリプルEMA
シャンデクロールストップ スムース・移動平均線 トレンド除去価格オシレーター
シャンデ・モーメントオシレーター チャイキン・オシレーター ドンチャンチャネル
ジフザグ チャイキン・マネー・フロー ネット出来高
ノウンシェアアティング バランスオブパワー パラボリックSAR
フィッシャー変換 プライスオシレーター プライス出来高トレンド
ボラタリティ履歴 ボリンジャーバンド ボリンジャー%
ボリンジャーバンド幅 ボーデクス・インディケーター  

かなりツールが多かったですが、最初に拡大して説明したツールで十分です! 他のツールは必要な時に調べて使ってみてください。
BitMEXサイトはこちら (手数料半年10%OFF)

ヒロ

今後はBitMEXを活用した上級者向けテクニックを書こうかと思います。 Twitter(@BULLヒロ)、でお知らせします😊

 

ビットコインFXスタートにオススメの取引所

最後に、初めてビットコインFXをやるなら、オススメの取引所と特徴をご紹介します。

 一流トレーダーKAZMAXさんやCISさんが使っている取引所

 KAZMAXさんのトレード手法の記事はこちら

KAZMAXさんから教わったトレードの5つのポイント_株・仮想通貨投資
ヒロBULLヒロです。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊先日、株とビットコインのトレードで有名なKAZMAXさんから、トレー...
bitFlyerの特徴

・出来高が多く注文が通りやすい
レバレッジ15倍
・日本円でトレードできる
・セキュリティ評価が世界No1で安心

bitFlyerサイトはこちら


 ビットコインFX中級者以上にオススメの高機能取引所

BitMEX特徴

・海外取引所ですが日本語に対応
アルトコインFXもできる
・トレード画面の動作が軽く注文が入りやすい
レバレッジ100倍
・ロスカットのみで、追証がない
・口座開設がメアドとパス登録などで3分で即日スタートできる

bitMEXサイトはこちら
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。

 

FXは難易度が高いので、初心者の方は少ない額で、レバレッジも低めで始めてください。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓