ダイバージェンス_ヒドゥンダイバージェンスの見分け方_テクニカル攻略

仮想通貨投資_お役立ちMENU

ヒロ

BULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊

どーみ君(@doooooo_mi )の投稿で火がついた、ダイバージェンスですが、
チャートが下落中にMACDが逆に動いたら、買いサイン! こんな感じて捉えてる方が多いと思います。

しかし、チャート下落中にMACDが逆に動いたら..
「買いサイン」になる場合と、「売りサイン」になる場合、両方あります。

今日はこの違いをしっかり覚えて、トレードの精度を上げましょう!

 ダイバージェンスに関する詳しい記事はこちら

ダイバージェンスは全力買いなのか?|TradingViewとBitMEX設定
ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊最近、ビットコインの反発を読むうえでダイバージェンスが...

 

ダイバージェンスブームの火付け役どーみ君のnote

すでに3,000人以上が購入している、2018年の仮想通貨トレードnoteで最も購入者が多く話題になったものと言って過言ではないでしょう。

僕ももちろん買いましたが、そもそも彼の手法の確度が高いのは、彼自身の観察力の高さにあると思います。
私も5年ほど株取引をしていて、ダイバージェンスは知っていましたが、ここまでBTC取引に有効な事に気がつきませんでしたし、気をつけるポイントも理解できていませんでした。

つまり、noteに買いてある事は何年間もの時間の浪費を一気に解消してくれる、天才の目線を与えてくれる良書だと思います。
しかし、ダイバとヒドゥンは認定ポイントが分かりずらいので、その点についてはこの記事を補足資料として使ってください。

ダイバージェンスとヒドゥンダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスはチャートとオシレーター (MACDやRSI)が反対方向に動く現象です。

なぜこのような現象が発生するかと言うと、MACDは直近の値動きの優先度を上げた指標だからです。
そのためチャートでは上がって見えても、直近の動きが勢いを無くしているとダイバージェンスが発生します。

上昇トレンドにおいては、チャートが上昇してMACDが下落すると行きずまりで売りという判断です。

ヒドゥンダイバージェンスとは?

ヒドゥンダイバージェンスも、チャートとオシレーターが逆に動く現象です。
チャートが上昇してMACDが下落すると、トレンド継続買いサインです….。

う〜ん.. おかしいですね。
ダイバージェンスもヒドゥンダイバージェンスも、どちらもチャートが上昇してMACD下落。

なのに、片方は売りサインで、片方は買いサインなのです。
見分けるの難しいですよね?

それぞれのサインの意味

どちらもチャートとテクニカルが逆に動く現象だけど、判断は正反対。
ダイバージェンスはトレンドの転換を示唆、ヒドゥンダイバージェンスはトレンドの継続を示唆。

ダイバージェンスと ヒドゥンダイバージェンスの見分け方

この2つのテクニカルサインは、上昇トレンドと下落トレンドで見るポイントが逆になるので、
上昇トレンドと下落トレンドに分けて見ていきましょう。

上昇トレンドのダイバージェンスとは

上昇トレンドのダイバージェンスは最後の高値に注目です。
チャートは上がっているけどMACDが下落していればダイバージェンス認定です。

ここでは売りサインになります。

 

上昇トレンドのヒドゥンダイバージェンスとは

上昇トレンドのヒドゥンダイバージェンスは最後の底値に注目です。
チャートは上がっているけどMACDが下落していればヒドゥンダイバージェンス認定です。

ここでは買いサインです。

 

下落トレンドのダイバージェンスとは

上昇トレンドのダイバージェンスは最後の底値に注目です。
チャートは下がっているけどMACDが上昇していればダイバージェンス認定です。

この場合は買いサインになります。

上昇トレンドのヒドゥンダイバージェンスとは

下落トレンドのヒドゥンダイバージェンスは最後の高値に注目です。
チャートは下がっているけどMACDが上昇していればヒドゥンダイバージェンス認定です。

ここでは売りサインです。

 

 [合わせて読みたい]話題のアルトコインが2倍買える方法

TRXも2倍!Huobi | 開設と使い方| メリットとデメリットをまとめ
ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊3月から5月にかけて10倍になった人気のアルトコインON...

 

ダイバージェンスサインの勝率について

サインの良し悪しを決めるのは勝率

テクニカルサインの良し悪しを決めるのは、もちろん勝率です。
サインごとの勝率さえ分かれば、このサインならいくら張っていいか、逆に途中上手くいかなかった時に損切りするべきか分かります。

売り買いそれぞれで19種類のテクニカルサインの勝率を、9ヶ月分の1時間足の上昇トレンドと下落トレンドそれぞれすべてまとめました。

このnoteにはダイバージェンスの勝率も載っていますので、ぜひご覧ください。

 

ビットコインFXにおすすめの取引所

国内のトップトレーダーが愛用 No1の取引所

bitFlyerの特徴

・出来高が多く注文が通りやすい
レバレッジ15倍
・日本円でトレードできる
・セキュリティ評価が世界No1で安心

[bitFlyer口座開設サポートページ]
bitFlyerサイトはこちら


  ビットコインレバ最大100倍 FX追証がない人気取引所

BitMEX特徴

・海外取引所ですが日本語に対応
アルトコインFXもできる
・トレード画面の動作が軽く注文が入りやすい
レバレッジ100倍
・ロスカットのみで、追証がない
・口座開設がメアドとパス登録などで1分で即日スタートできる

BitMEX1分で開設できる登録ページ

bitMEXサイトはこちら
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。

 レバレッジ100倍 追証なし BitMEXのやさしい、はじめ方ガイドはこちら

BitMEX1番分かりやすい登録・使い方ガイド_追証なしのビットコインFX
ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊先日、ビットコインFXがレバレッッジ100倍で、追証リスク...

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓