24,800円のNOTEって実際どうなの?なるみNOTEを検証

仮想通貨投資_お役立ちMENU

ヒロ

BULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊

みなさん仮想通貨女子No1のなるみさんをご存知ですよね?
私もNOTEを発行していますが、24,800円もする なるみNOTE! 中身が気になります..。
今回は、なるみさんのNOTEを買って検証してみる事にしました。

なるみNOTEを検証しようと思った理由

なるみNOTEが発売されたのは4/19です。 なぜ今更なるみNOTEを買おうかと思ったかと言うと、きっかけは僕自身が体験した不正ログイン被害でした。

幸いにも不正ログインされた取引所には資金を置いておらず、被害なしで終わりました。
「この時、本当に自分が被害に合わなくて良かった」とホッとしたのですが、その時によぎったのがなるみちゃんでした。

ハッキングの被害にあったなるみちゃん

なるみちゃんは僕と同じような被害にあい、実際に大量の仮想通貨が盗難にあったとの事です。
もし同じ立場だったら、ここまで明るく振舞う事はできないし単純に人として凄いなと、、何か応援できないかなと思いました。

そこで、自分でもできる応援として、実際にNOTEを買う事と自分のブログで紹介できないかなと思いました。

ですが、紹介するからには僕のトレーダー及びブロガーとしてのプライドもあるし、実際にこの記事を見てNOTEを買った人に支払った額以上のメリットがないといけません。
なのでこの先はフラットな目線で、公正にトレーダーとしてNOTEの中身を検証したいと思います。

 

なるみNOTEの世間での評価

私がレビューするまでもなく、すでに仮想通貨noteレビュアーさんを筆頭に多くの購入者の評価が出回っています。

レビュアーさんのレビューでなるみNOTEの評価は、エントリーと利確のポイントを漏れなく示した良書だが、ここに書いてある手法を再現するのは到底不可能との事でした。

それであれば、実際にある程度トレード経験が積んでいる人間が見るとどうなるのか?を今回はレビューしたいと思います。

 

トレーダーから見るなるみNOTEの中身

なるみNOTEの書評はレビュアーさんのNOTEの通りだと思います。 実際に開いたNOTEの印象とレビュアーNOTEの書評はほとんど誤差がありませんでした。 なので、どのような中身か? については仮想通貨レビュアーさんのNOTE(無料)を確認してください。

なるみNOTEのテクニックの評価

なるみNOTEに書いてあるテクニックは強い上昇・下落トレンドが発生している事を指定されたインジケーター条件で確認し、もう一つのオシレーターでエントリーポイントを測るというものです。

この強い上昇・下落トレンドの発生についてはトレード経験を積んでいる人間であれば、「まあその条件揃えば、かなりトレンド強いよね」といった感じです。
その条件で押し目を測って順張りでエントリーするので、「それは確度高いでしょ」という印象です。

なるみさん独自の手法というよりは、インジ・オシレーターを深く理解している人であれば、エントリーポイントの1つとして既に持っている可能性があり、正直申し上げて目新しさはありません。

しかし、利確・ロスカットラインや、エントリーとエントリー中止条件が細かく指定されており、この手法についての研究が煮詰まっている意味では価値があると思いました。

本当に再現性が低く100人中200人が再現できないのか?

私が見る限りなるみNOTEに書いてある手法は、きちんと理解して実際のトレード画面に向かってもらえれば、見れば一目瞭然のであり難しいものではありません。

普段、複合的にトレンド・チャート形状・オシレーターを見ているトレーダーからすると、「めちゃくちゃ分かりやすい」エントリーポイントです。

このNOTEの「再現度が低い!」「難しい!」という評価は、そもそもNOTEで勉強する前の基礎知識が不足しているかと思います。 もし試してみたいというのであれば、EMA・MA・RCIがどういう指数なのかだけでも勉強した方がいいですね。

また、このNOTEを買って「分からない!」となる原因は、なるみちゃんの親切心と話し言葉による物だと思います。
もし私がこの手法について説明するなら図1枚と、500文字程度の文章で手法のすべてを説明できます。

しかし、なるみNOTEではトレーダーとしての資金管理の考えから勉強教材まで紹介してくれていて、まるで家庭教師が何時間もかけて話しかけているような内容なのです。
なので、情報量が余分に多く話が散らかってしまっているので、見ている側の頭がパンクしてしまうのではないのかなと思います。

 

結論なるみNOTEの継続的な再現度は? おすすめ?

最後に、なるみNOTEの継続的な再現度についてですが、再現度は高いがこのトレードを続ける事が本当にできるのか?という点ではレビュアーさんと意見が一致します。

僕は何ヶ月か前に仮想NISHIさんが情報発信しているVIXについて取り上げました。
この手法は未だに健在で、ルールを守ってコツコツできる人は、安定的に利益を出す事ができます。
ですが、「いまVIXを使ってコツコツやってる人は何人いますか?」 多分、結構少ないと思うのですよね。

その理由は、長く画面を見ている中で、エントリーまでの待機時間が長く、なかなかポジションを持つ事ができないので待機疲れをして続かないのだと思います。
※なるみさんのTwitterコメントでは、時間軸を短くすればエントリーポイントが増えるとの意見もあります。

 

なるみNOTEではこの手法通りにすべてのポイントでエントリーできれば、100万円が1年後に1億円になると書かれていますが、睡眠時間や飽きずにエントリーする事の難しさを考えると、ちょっと厳しいかと思います。

ですが目線を下げて10分の1のエントリーをして100万円が1,000万円になるかもしれないと考えると専業や主婦の方であればあり得る話だと思います。

 

専業でないにしてもなるみNOTEに書いてある手法は、エントリーポイントとして持っておくべき武器の1つだと思います。
なので、あまりこの手法のみで利益を伸ばそうとせずに、確度が高いエントリーポイントを1つ増やす目的としてチャレンジしてもいいのではないでしょうか。

僕はこの手法自体より、なるみさんから家庭教師を受けているような、資金管理・勉強用コンテンツなどのNOTEのサブカテゴリーの方が結構勉強になりました。

結論、ある程度トレードしたけど損失が大きい方と、研究されたエントリーポイントを増やしたい方で、専業・学生・主婦などである程度トレードの時間がある方にはおすすめです。

評価については、まったくの初心者が買うNOTEとしては、要点が難しくて理解しづたいので⭐⭐星2つ。
中級者に向けてはサブカテゴリーの学びも含め、⭐⭐⭐⭐星4つとさせてください。

 

ヒロ

これからも応援よろしくお願いします! Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊

 

ビットコインFXにけるテクニカルサインの勝率について

サインの良し悪しを決めるのは勝率

テクニカルサインの良し悪しを決めるのは、もちろん勝率です。
サインごとの勝率さえ分かれば、このサインならいくら張っていいか、逆に途中上手くいかなかった時に損切りするべきか分かります。

売り買いそれぞれで19種類のテクニカルサインの勝率を、9ヶ月分の1時間足の上昇トレンドと下落トレンドそれぞれすべてまとめました。

このnoteにはVIXやダイバージェンスの勝率も載っていますので、ぜひご覧ください。

 

ビットコインFXで おすすめの取引所 BULLヒロ的使い分け

ビットコインFXで利用する取引所で選別ポイントは主にこの3つです。

BULLヒロ的3つのおすすめ取引所

bitFlyerやDMMその他、海外の取引所など10以上試したうえで、いまはこの3つの取引所の使い分けで落ち着いています。
基本的にメインにしているのはBitMEXです。 最も高機能で手数料も安い取引所として、1番人気と言える取引所です。

その他FXの死活問題である取引所の混雑を避けるためにbitbank、激安タイムに乗るためのZaifを使い分けています。


BitMEX
現在、FXを行う上で、この取引所を上回るところはないと思います。
レバレッジも選択肢が最大なうえに、手数料もスプレッドも安く、アルトコインまで揃っているという事でNo1推しです。

BitMEX1分で開設できる登録ページ

BitMEXサイトはこちら
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。

 合わせて読みたい BitMEX完全版ガイド

【完全版】使い方登録|BitMEX ビットメックス|入金 手数料 テクニカル初心者でも...
本日は手数料も安く人気な取引所BitMEXビットメックスの使い方と登録について初心者でも分かるように徹底解説します。ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやい...

bitbankTrade (FX用)
ここは最近になって使い始めました。 急騰する瞬間などは取引所が混雑して、オーダーが通らず乗り遅れますが、bitbankは比較的注文が通るので重宝します。
ここもかなり良いのですが、やはりスプレッド手数料が気になるので、メインはBitMEXにしています。

FX用取引所
bitbank trade 1分で登録
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が20%OFFになります。


bitbank (アルトコイン・現物用)
先ほどご紹介したbitbank tradeはFX専用の取引所です。
BitMEXもbitbank tradeも日本円で取引はできず、取引所でビットコインを買ってから、FX用の取引所に送金する必要があります。

なので、bitbankも合わせて開設しておきましょう。
bitbankはリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCH)
などのアルトコインが、ユーザー間で売り買いできるため、他の取引所と比較して安く購入できるので重宝します。

合わせて開設 現物取引所
bitbank はこちら


Zaif  (現物・FX両用)
Zaifは本来であれば手数料がとても安い、ただの優良取引所なのですが、
ここ最近では取引所のエラーや、注文板が少ないことによる暴落が相次いでおり、ビットコインが安く買える取引所として重宝されています…。

数ヶ月に1度はおこるビットコイン暴落時に10万円〜20万円下に、注文を入れておくと買える事があり即利益になります。
また、年に2度ほど暴騰するZaifトークンやMONAコインなど、Zaif祭りという物凄く儲かるタイミングを逃さないために、一部資金をZaifに入れています。

現物を安く購入できるので、ビットコインを購入して他のFX取引所に送金したり、定期積立も便利です。

現物・FX兼用口座はこちらから
Zaif に登録する

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓