BitMEX・CryptoGTを徹底比較|メリット・デメリット

いま使っている国内取引所に😓不安な方

いま当サイトから申し込みNo1👑国内取引所Bitpoint✨BTCもXRPも板取引📈

ぼくは今CryptoGTとBitMEX2つの取引所を使い分けていますが、
実際に両方を使い倒した上で、フラットな目線でこの2つの取引所のメリットとデメリットを比較したいと思います。

ヒロ

CryptoGTは運営チームと仲が良いですが、できるだけフラットな目線で比較したいと思います。

 

BitMEXを使うメリット CryptoGTのデメリット

まずは今使っている方が多いBitMEXを使うメリットから説明します。

手数料総額はやはりBitMEXが安い

ここで言う手数料は、取引にかかる手数料、スプレッド(売買価格の値差)、スワップ(ポジション維持の利子)の合計です。
BitMEXの手数料は成り行き注文は高くなってしまいますが、指値はマイナス手数料になる事が特徴です。

BitMEXサイトはこちら

指値注文は圧倒的に手数料が安い

手数料やスプレッドは常に変化するので、これは僕が今日計算した参考金額です。
こちらを見ると分かる通り指値でBitMEXを使うのが一番手数料が安いです。

しかし、使っていると分かると思うのですが、指値が刺さらない事がよくあるので、結局成り行きになってしまうのがネックです。
また、どちらの取引所も取引所の注文量などで手数料が変動します。 現在、CryptoGTもXRP注文の大量増加で一時的にXRPのみ手数料が上がっています。

BitMEXサイトはこちら

1,000万円以上のポジションを持つ方はBitMEX

CrptoGTは今後、拡大する見込みはあるももの、現時点ではポジション上限があります。
なので、1つの通貨で1,000万円以上のポジションを持つ場合は必然的にBitMEXになります。

ちなみにCrptoGTもBTC/JPYとBTC/USDを同時に入れて、2,000万円以上積むようなオーダーは可能です。

 

世界No1取引所 BitMEXビットコインFXの板取引所であれば、ここを上回る取引所はないと言えます。
しかし、ユーザー増加に伴い、混雑による遅延が発生している事が悩みです。

BitMEX1分で開設できる登録ページ

BitMEXサイトはこちら
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。

 合わせて読みたい BitMEX使い方

BitMEXビットメックスの使い方と登録について初心者でも分かるように徹底解説します。ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ...

CryptoGTを使うメリット BitMEXのデメリット

つぎに今、新たに注目されているCryptoGTのメリットを説明しますね。
いま運営チームとも近いのでGTよりになってしまいがちですが、出来るだけ公正に書いたつもりです。

対応しているアルトコインはCryptoGTの方が多い

CryptoGTは9種類の通貨に対応し、すべて200倍までレバレッジをかけられます。
さらにXRP/ETHのような、アルト/アルトペアにも対応しているため、対応ペアは40種類を超えます。

アルト/アルトペアは、上昇してる通貨と下落している通貨を見つけた時にトレードすると、信じられない爆益をもたらすでしょう。

CryptoGTサイトはこちら

 

値動きの激しい混雑時CryptoGTは注文が入る

CryptoGTが採用しているMT5は、サーバー負荷が少ない処理方式でユーザーが増えても速度が早いです。

BitMEXでは混雑時エラーになり何度も注文を入れているうちに、1分〜2分かかるような事がありますが、
CryptoGTでは混雑時も 大抵1秒程度でサクッとオーダーが入ります。

先ほど手数料の紹介をしましたが、注文遅延の値幅も考慮すると有利と言えます。

CryptoGTサイトはこちら

 

ロングとショート両建てできる

BitMEXではロングをショートに変える場合、一度ロングを決済しないといけません。
CryptoGTはそのポジションを持ったまま、反対ポジションを入れる事ができます。

これは使い慣れるとかなり便利です。 ロングは長い目で持ったまま調整時にショートを持てば、
乱高下する節目局面でビクビクせずにどっしりポジションキープでき、落ちた分も利益にできます。

CryptoGTサイトはこちら

スマホアプリが使いやすい

これも兼業トレーダーにはとても重要な事ですが、BitMEXにはスマホアプリがありません。
そのため注文ボタンが上手く押せなかったりチャートがスマホではまともに見れません。
CryptoGTのスマホアプリは、インジケーターもありサクサクで使いやすいです。

アルトコインを証拠金にできる

FXはやってみたいけど、いまガチホしているアルトコインを売りたくないという方も多いと思います。
CryptoGTはアルトコインを入金してトレードできるため、保管用に入金し必要な時にFXでトレードするというスタイルが可能です。

ちなみにアルトを証拠金に、そのアルトでロングすると FXの利益 x 現物の利益で爆益になります。
私も先日テスト用で遊んでいた100万円の口座を、3日程度で830万円にまで伸ばす事に成功しました。

BULLヒロ いま最も推奨CryptoGTぼくが元々メインで使っているのはBitMEXですが、いま移動してきているのがCryptoGTです。レバレッジ1倍〜200倍で追証なし日本語対応で、日本円JPY建てで36種類のアルトペアでFXできます。

何より気に入っているのは、混雑しても注文が一切滑らず約定し、スマホアプリが使いやすいので、兼業トレーダーには本当にオススメです。 混雑時にログインできず発注できないという事が皆無です。

CryptoGTサイトはこちら
登録は1分で完了

 合わせて読みたい CryptoGT完全版ガイド

bullスマホアプリが使いやすく販売所形式で注文がすべらない、CRYPTOGTクリプトジーティーの特徴、使い方と登録方法を解説します。ヒロこのたび、手数料が一気に下がり...

結局 BitMEX CryptoGTどっちがいいの

CryptoGTとBitMEXの一番の違いは板注文か、取引所注文かです。

板注文と取引所注文どっちがいいか

BitMEXはユーザー間で取引するためスプレッドが安いですが、注文を入れると板が動いてしまいます。
例えば下のEOSで注文をすると100万円程度の注文量で下の板画面下の見えない部分まで約定してしまいます。

この点、取引所注文のCryptoGTはいくら注文を入れても値が動かず、気持ちよく成り行きでぶち込めます。

板注文と取引所注文のメリデメ
板注文は手数料が安いですが、注文が動いてしまいます。 取引所注文は注文が動かないですが、取引所の一時的な混雑により手数料が変動するのがデメリットです

手数料は実態総額で考えよう

これまで手数料について色々と比較説明しましたが、実際の注文時は常に値が動いているため、
注文時開始から約定するまでの値動きと手数料、すべてを考慮して実態総額で考えるといいでしょう。

例えば手数料1,500円の取引所Aと、3,000円の取引所Bがあったとして、
A(手数料1,500)が約定までに2,000円幅かかってしまうなら、即時約定するB(手数料3,000円)の方が良いという事です。

そのため、自分のトレードスタイルで、入れたい注文がスムーズに入れられる方を選びましょう。

 

1,000万円以上を持つ専業ならBitMEX

これまで様々な角度から比較していきましたが、1,000万円以上の大型注文を発注する場合は必然的にBitMEXになります。
やはりBitMEXは工夫して使えば手数料が安いですし、何よりパソコンでの使い勝手はかなりいいです。
※CryptoGTも今後上限が引き上げされていく見込みです。

BitMEX1分で開設できる登録ページ

BitMEXサイトはこちら
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。


兼業 スマホで1,000万以下ならCryptoGTがおすすめ

兼業トレーダーにとっては、チャートを見た瞬間に大きく動いていて、いますぐオーダーを入れられるかは死活問題だと思います。
そのため外出先でもアプリでサクサクで、混雑しても注文が入るCryptoGTの方が兼業にはオススメだと思います。

CryptoGTサイトはこちら

 合わせて読みたい CryptoGT完全版ガイド

bullスマホアプリが使いやすく販売所形式で注文がすべらない、CRYPTOGTクリプトジーティーの特徴、使い方と登録方法を解説します。ヒロこのたび、手数料が一気に下がり...

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

bullヒロ

渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓