tradeview

なぜか教えてもらえない、海外FXのスプレッドと手数料の大事な話

なぜか教えてもらえない、海外FXのスプレッドと手数料の大事な話

海外FXはハイレバで取り扱い銘柄も多いので大変便利です。

ですが、「スプレッドと手数料が、どのくらいかかっているかご存知ですか?」

「実は年間で、こんなに差が出ています」
「年率 30%近い影響度です」

年間の手数料比較グラフ

なぜか、だれも教えてくれない、スプレッドがどのくらい発生していて、どうすれば節約できるのか解説します

 

記事をすべて読み込むのも大変なので、結論をはじめに言うとTradeviewが、金融ライセンスを取得している海外FX業者の中で最も手数料が安いです。

ドル円1ロットで比較すると1/3もの差になります
手数料の比較Tradeviewの評判と特徴はこの記事にまとめています。

Tradeviewに登録

 

Tradeviewは2004年に創業した歴史の長いFX業者で日本より信用評価の高い金融ライセンスを取得しています。

宣伝にコストをかけず手数料を下げる方針なので、認知度が意外と低くスキャトレーダーの間で評判の業者です。

 

ボタンを押すと記事をツイートできます😊
📝メモ代わりにご利用ください✨
この記事をツイート

海外FXに1年間で払うスプレッド比較

スプレッドと手数料は安いほうがいいですよね? この質問には全員「YES」と答えると思います。

ですが、ハッキリ言って「安いほうがいい」と答える方は、スプレッドに関する認識を誤っています。

これはドル円で1日1回エントリーした場合の年間でかかるコストを試算したものです。
1番高い業者と書いていますが、海外FXでは標準的なスプレッド1.8pipです。
為替FX1年間のスプレッドと手数料をスプレッドが高い業者に支払った場合レバレッジ10倍で平日1日1回エントリーまたは、レバレッジ5倍で平日1日2回エントリーした場合。 いたって一般的なエントリー頻度ですよね?
それでも、気がつかないうちに年間でこんなに手数料を払っているのです。

支払う手数料はいつの間にか「1年間で証拠金の約半分」です。

つまりこの条件で勝つという事は年率50%を超えて初めて「トントン」なのです。
ほとんどの人が勝率50%を超えない中で、ほぼ負ける理由もうなづけます。

ヒロ
ヒロ
レバ5倍で1日2回エントリーで、証拠金の半分持ってかれる認識をしているトレーダーは少ないと思う

 

では、手数料が安い業者の場合は、年間で支払う手数料はどの程度でしょうか。為替FX1年間のスプレッドと手数料をドをスプレッドが安い業者に支払った場合

いちばん右側の「証拠金500万円で、1日5ロット」の方は、さきほど200万円を超えていた年間のスプレッドが14万円程度になりました。

「それでは、まとめます」為替FX1年間のスプレッドと手数料をドル円で比較

もっとも節約効果の薄い方でも年間9,620円で、1日5ロットの場合は219,700円の節約効果があります。

では為替5社を比較してスプレッドが最も高い業者と、最も安い業者を見比べて見ましょう。

Tradeviewの特徴や登録方法

Tradeviewに登録

海外FXのスプレッド主要5社比較

海外FX業者の中で運営歴3年以上で、金融ライセンスを取得している5社の一般口座にしぼりました。

結果、赤表示になっている3社が先ほどの試算で、スプレッド最高値1.8pipと言う事になりました。

一般口座のドル円標準スプレッド
XMtrading TITANTX iFOREX AXIORY TRADEVIEW
1.8pip 1.2pip 1.8pip 1.5pip 1.8pip

じつは「手数料最安値業者」は、ほとんどの方が使っている一般口座ではなくENC口座に存在します。

ECN口座とは

スプレッドを下げる変わりに、取引毎に手数料がかかる口座です。

Tradeviewが先ほどの計算で出した、スプレッドと手数料の合計が最も安い業者です。

ENC口座のドル円スプレッド +手数料
XMtrading TITANTX iFOREX AXIORY TRADEVIEW
0.4pip 0.3pip 0.3pip 0.1pip
1,000円 700円 600円 500円

「pipとか手数料とか分かりづらいので円でまとめます!」

1ロット ドル円のスプレッド + 手数料合計
XMtrading TITANTX iFOREX AXIORY TRADEVIEW
一般口座 1ロットで支払う額
1,800円 1,200円 1,800円 1,500円 1,800円
ECN口座 1ロットで支払う額
1,400円 1,000円 900円 600円

Tradeviewの特徴や登録方法

Tradeviewに登録

スプレッドを節約して損益分岐点を下げよう

年間で支払うスプレッドを理解して改めて、このグラフを見ると「スプレッドを下げる事は、トレードの損益分岐点を下げること」だと分かります。

トレードの世界で年間利益30%の差は大きいです。

スプレッドや手数料も正しく理解し、損益分岐点を下げたうえでトレードする事で、年間の勝ち負けにも差が出るのではないでしょうか。

年間の手数料比較グラフ

年間手数料を下げるには

・合計手数料が安い業者を選択する
・エントリー回数を絞る

Tradeviewの特徴や登録方法

Tradeviewに登録

スプも税金も安いノックアウトオプションという手もある

これまでスプレッドの重要性を解説しましたが、tradeviewと同等に安い手数料で税金が安く、海外FXのように資金効率の良い口座に、ノックアウトオプションがあります。

こちらは金融庁認可の証券会社なので、tradeviewよりもさらに安心感があると言えます。

IG証券はロンドン証券取引所に上場しているFX・CFD証券会社で取り扱い銘柄が多い事が特徴です。 国内認可の証券会社なので、税率20%の分離課税が適用されます。

5万円キャンペーンをみるIG証券に登録する

ABOUT ME
bullヒロ
bullヒロ
投資歴7年アルトコインFX、日経、為替。元SNSマーケティングITベンチャー事業開発。幻冬舎ゴールドオンライン定期コラム、楽天証券スポットコラム執筆。