トレーディングビューTradingViewの使い方|テクニカル|インジケーター|ビットコインFX

いま使っている国内取引所に😓不安な方

いま当サイトから申し込みNo1👑国内取引所Bitpoint✨BTCもXRPも板取引📈

今日はもっとも使っている方が多いチャートツール、TRADING VIEW(トレーディングビュー)の使い方のうち特に仮想通貨で使うにあたっての便利な機能をご紹介します。

ヒロ

BULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ)、フォローしてくださいね😊

TRADING VIEW(トレーディングビュー)はビットコインFXの人が使うものというイメージがあると思いますが、実はアルトコインの分析にも欠かせません。

まだまだ僕も知らない便利機能が隠れていると思うので、新たな使い方を発見したら教えてくださいね。

 

TRADING VIEW(トレーディングビュー)の特徴と登録方法

TRADING VIEWは1チャートまでは無料で使えます。 こちらの手順でまずは登録してみてください。
すべての機能が解放される有料プランも1ヶ月は無料です。

TRADING VIEW特徴

・リアルタイム世界中の取引所チャートと出来高を横断して見れる
200種類を超えるテクニカルツール
・保存したチャートが、PC/スマホ/TAB連動して見れる
・株/為替/仮想通貨(BTCなど)幅広い銘柄の分析ができる

TRADING VIEW 無料t登録
クリックしたら、1番下までスクロール

TRADING VIEW(トレーディングビュー)を使うならオススメのブラウザ

TRADING VIEWは割とPCの処理能力を使うサイトなので、クロームなどで動かしているともっさりしているかもしれません。

こちらHenaさんが紹介していたブラウザbraveなのですが、TRADING VIEWがサクサク動くのでダウンロードオススメです。

 

BULLヒロ いま最も推奨CryptoGTぼくが元々メインで使っているのはBitMEXですが、いま移動してきているのがCryptoGTです。レバレッジ1倍〜200倍で追証なし日本語対応で、日本円JPY建てで36種類のアルトペアでFXできます。

何より気に入っているのは、混雑しても注文が一切滑らず約定し、スマホアプリが使いやすいので、兼業トレーダーには本当にオススメです。 混雑時にログインできず発注できないという事が皆無です。

CryptoGTサイトはこちら
登録は1分で完了

 合わせて読みたい CryptoGT完全版ガイド

bullスマホアプリが使いやすく販売所形式で注文がすべらない、CRYPTOGTクリプトジーティーの特徴、使い方と登録方法を解説します。ヒロこのたび、手数料が一気に下がり...

トレーディングビューTradingViewの使い方|価格帯別出来高機能

価格帯別出来高

日足の出来高は何日にどれだけ取引があったか見るものですが、これはいくらでどの程度の取引量があったかを見る事ができます。

出来高が増える位置はトレーダーが売りたくなったり、買いたくなる価格帯で支持線(サポート)抵抗線(レジスタンス)になりやすいです。
なので基本的な使い方は、出来高が増える位置に線を引いてそのラインで売り買いする感じです。

価格帯別出来高はフィボナッチと併用する

KAZMAXさんの影響でフィボナッチを使っている方が多いと思いますが、
使ってみるとフィボナッチは、有効な線とまったく誰も見向きしない線があります。

ここで役に立つのが価格帯別出来高です。 フィボナッチと価格帯別出来高が重なると.. 。
これが使ってみると、めちゃめちゃ有効です。

価格帯別出来高の設定方法

まずインジケーターで「出来高」で検索して、可視範囲出来高 を選択してください。
表示したら最初はみずらいので、こんな感じで設定をしてくださいな。

トレーディングビューTradingViewの使い方|アルトコイン比較チャート

アルトコイン比較チャート

アルトコイン比較チャートはアルトコインの値動きを1画面で表示して、出遅れや走り過ぎ銘柄を探すのに使います。

メジャーなアルトコインは、走り過ぎれば戻ろうとし出遅れれば追いつこうとするので、かなり有効な比較方法です。

アルトコイン比較チャートの設定

設定はこちらのガイダンス通りにやればいいのですが、注意点が2つあります。

まず設定を開始する時に、BTCUSDのチャートを表示してから設定を開始してください。

つぎに、起点となる日付けの設定です。 これはBTCの上昇の頂点か暴落の底を設定してください。
そのような節目の日と比較して、どうなっているかを見ます。
この考え方と設定を間違えると、全然違う見え方になってしまうので注意してください。

僕はこの方法で、頂点から1番出遅れているNEMと1番落ちていないXRPが最初に伸びると予想し、実際にNEMはメジャーアルトで初動No1の伸びを記録しました。

トレーディングビューTradingViewの使い方|ロング・ショート比率

ロング・ショート比率

ビットコインFXのロングとショート、どちらが溜まっているかと見ることができます。

なぜこれが重要なのかと言うと、ロングやショートは現物と違い、長期では持たない取引方法です。

そのため、ショート(売り)を持っている人は近々買い戻しを行うという事です。
なので、市場を動かす大口はこの比率をめちゃくちゃよく見ています。

例えば、下落トレンドでショートが大量に溜まっているとします。
反対方向に一気に買い込んで価格を吊り上げると何がおきるか分かりますか?

ショートが耐えられず損切りし、さらにロングが続きますね。
このパターン4月にトレードしていたみなさんは覚えがありませんか?

なので、ロングとショートの比率を見て、どちらに仕掛けやすいか予測する事は重要です。

設定はインジケーターで「Short」と検索して、BitfinexのLong & Short..というやつを選択してください。

トレーディングビューTradingViewの使い方|移動平均線

移動平均線はバイナンスと同じ設定にしよう

テクニカル分析で最強の王道と言われる移動平均線ですが、設定により見え方が違うので仮想通貨で使っていない人も多いはず。
私も株では使って仮想通貨では一時期使っていなかったのですが、10以上の取引所を使う中でバイナンスの値設定は、かなり意識されているスコアだという事に気がつき、移動平均を見るときはバイナンスのアプリで見ていました。

なので、TradingViewでバイナンスと同じ設定で移動平均が見れるように設定しましょう。

バイナンスの移動平均線は(MA)という種類のものです。 まずはTradingViewで「移動平均線」と検索し、移動平均線を選択します。
この作業を3回繰り返し、移動平均線(MA)を3本表示させます。

その後、設定タブからスタイルで色を変更、入力タブの長さを下の図に書いたスコアに、それぞれ変更してください。

【追記】移動平均 MA3Lines 無料インジケーター
上の移動平均線はインジケーターを3個使うので、インジ利用数に制限がある無料版を使っている方は利用しずらいツールとの事です。
その事を教えてくれた カズ 🚀暗号通貨(@kazucrypto )さんが、1個のインジケーターで表示できる、MA3Linesコードを作成してくれました。

コードはこちら

 

Tradingviewで確認できるテクニカルサインの勝率について

サインの良し悪しを決めるのは勝率

テクニカルサインの良し悪しを決めるのは、もちろん勝率です。
サインごとの勝率さえ分かれば、このサインならいくら張っていいか、逆に途中上手くいかなかった時に損切りするべきか分かります。

売り買いそれぞれで19種類のテクニカルサインの勝率を、9ヶ月分の1時間足の上昇トレンドと下落トレンドそれぞれすべてまとめました。

このnoteにはサンプルで無料で読める範囲も設定していますので、ぜひご覧ください。

トレーディングビューTradingViewの使い方|アプリで使う

iOSは正規盤 Androidは非公式アプリを使う

TradingViewのiPhone(iOS)アプリは公式版がリリースしていますが、Androidは公式アプリが存在せず非公式アプリが点在しています。
3つほど試しに使ってみましたが、こちらの記事で紹介しているアプリが一番使いやすいので試してください。

 トレーディングビューTradingViewをスマホで使う

TradingViewはビットコインに限らずアルトコインや、株・FXにも活用でき本当に重宝しますよね。本日はTradingView(トレーディングビュー)をスマホアプリで活用したい方...

 

トレーディングビューTradingViewの使い方|使えるショートカット

ショートカットをなぜ使うか?

まず大事なのはショートカットをなぜ使うかです。 便利だから?? 甘い甘い。

超絶かっこいいからです。 こんな感じでノールックでやりたいでしょ。

とりあえず時間軸の切り替えぐらいはノールックでやってください

ぼくはMACなのでMACだと[英数]+[数字]で時間足を切り替えられます。
トレードは鳥の目(日足と時間足)と、虫の目(分足)を見比べて全体感と、いまのトレンド両方つかむ必要があります。

そこでマウスでカチカチとクリックするなんて、超ダサいでしょ。 使ってください。

ビットコイン・アルトコインFX_取引所2選

ビットコイン・アルトコインFXならレバレッジ率が高くて追証(借金)リスクがなく日本語に対応しているBitMEXビットメックスCryptoGTクリプトGT(旧CryptoCMクリプトシーエム)がオススメです。

 


ビットコインFXなら世界No1!

BitMEXビットメックスは世界で一番取引量が多いため、売買の差額スプレッドが50円前後と極小です。
手数料も指値で取引すればかからないので、いま最も人気のある取引所です。

BitMEX1分で開設できる登録ページ

BitMEXサイトはこちら
このリンクから開設した場合は、半年間手数料が10%OFFになります。

 合わせて読みたい BitMEX完全版ガイド

BitMEXビットメックスの使い方と登録について初心者でも分かるように徹底解説します。ヒロBULLヒロ(プロフ)です。トレード戦略つぶやいていますので、Twitter(@BULLヒロ...

 


日本円表示ビットコインFXとアルトコインFXなら!

CryptoGTクリプトジーティー(旧CryptoCM)は、日本円JPY/BTCで円表示でトレードできます。
XRPやETHなどアルトコインを証拠金として入金してFXトレードできるのも特徴です。
アルトコインはUSD建てで取引でき、アルト連続上場やスマホアプリ対応も予定して期待できる新取引所です。

CryptoGTサイトはこちら

 合わせて読みたい CryptoGT完全版ガイド

bullスマホアプリが使いやすく販売所形式で注文がすべらない、CRYPTOGTクリプトジーティーの特徴、使い方と登録方法を解説します。ヒロこのたび、手数料が一気に下がり...

 

4 件のコメント

  • 突然すいません。 trading-view初心者のキダともうします。
    使い方をあまり知らなくて少し教えてほしいのですが、 ロング・ショート比率を見るためにはどうすればいいのでしょうか、bitfinexのlong and shortのインジケーターへの出し方がわかりません。よろしければ教えていただけないでしょうか。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    bullヒロ

    渋谷にあるITベンチャーでREDBULL漬けで事業開発をやっています。 株式投資は5年ほど、仮装通貨は2017年10月後半から開始しました。 2018年に始めて仮装通貨投資をする方に向けて、 IT事業開発だから分かるポイントを、分かりやすく記事にしていきます🐮 ↓twitterのみでつぶやく情報もあるので、フォローお願いします😊↓